充実の3連休を終え、仕事に行った昨日。帰宅すると実家へ帰っていた妻が夕食を作っていました。

「保険会社からはがきが来ているんだけど、ちょっと見てくれない。」

保険会社か。ん、これ、息子の学校での傷害についてのじゃないか。書類提出の督促状だぞ。あいつ、まだ出していなかったのか!何やっているんだ。早めに夕食を食べ、息子へライン。即返答があるぞ。今なら電話できるな。

「途中までやって、分からない所があったからまた今度やろうと思ってそのまま忘れちゃった。どうしよう、間に合うかな。」

間に合うわけないじゃん。何とかしてやるから、いろいろ教えろ。そして書類をよく読みながら電話で尋ねていきます。よし、分かった。ただ、診断書がそれぞれの病院で必要なんだが、用紙が一つしかないぜ。何、コピーして使うのか。コピーができるプリンタはお前が持って行っているじゃん。まあコンビニ行ってもいいけど。それとこれ書いてもらうのに診察券と保険証が必要だけど。え、それも全部そっち(茂原)にある!さあどうする?

現在時刻19時45分。よし、今日中に往復できるな。ライディングスーツに着替え、ヘルメットを着装。CB250Fに跨り、夜の街へと走り出します。

松戸ICから外環道へ入り、京葉、千葉東金道路へ。大宮ICで降りたら次は千葉外房有料道路。暗闇の中、LEDヘッドライトを時折ロービームに切り替えながら疾走しました。

そして茂原。勝手知ったるレオパレスへ。ピンポン。

「本当にごめん。これとこれが保険証と診察券。」

「あとさ、プリンタのインク交換できないんだけど。ちょっと見てくれない。」

なになに。いやこの位置にヘッドがある時にはできないんだよ。パネルの指示に従ってこれを押すと、ほら取り出し可能な位置に動くじゃん。

「そうか、そうだったね。あれ、外せたけど新しいの入らないよ。」

力ずくで押し込んじゃダメだよ。どれ、かしてみろ。あれ、これストッパーの形が違うじゃん。純正カートリッジじゃない時にはしばしあるんだよな。この場合にはここをこうすると。いや、その先の突起も形が違う!これじゃあはまらないよ。

仕方がないので、違うブランドのカートリッジを入れ事なきを得ました。それにしても、互換を謳いながらこの有様とは、このブランドは何やっているんでしょう。

それはまあいいや、もう帰らなくちゃ。それじゃあ、またね。

低燃費のCB250Fもさすがに昨日までの311㎞走行後に70㎞を走れば燃料計は残り1本となってしまいます。点滅まで行っていないし、そのまま帰宅もできそうではありますが、夜中にガス欠するのは嫌なので茂原市街で給油しました。

23時15分、帰宅。往復140㎞の夜のライディングはなかなか楽しい物でした。