タイトルは息子のことで、実習地へ引っ越しただけの話なのですが。

昨日から息子は一足先に来ていて、町の様子などを見ていました。
「自転車が無かったから動きが取れなくてさ。ランで実習の病院なんか見てきたけど。コンビニくらいしか行けなかったよ。」

夜勤明けの今日です。それがこうして大荷物の運搬をしてきました。もう5㎞という所で江戸一すたみな太郎発見。夕食はここで奴と食べるか。息子に電話を入れます。そろそろ到着するよ。

「えーと、ガソリンスタンドがあって、えー、外出ていようか?」

大丈夫、地図読みは君の100倍できるよ。家で待っていていいよ。

ちょっと渋滞もありましたが、無事到着。自宅から1時間30分もかかっていません。

一番の大荷物はこのMTBでした。自転車は輪行すればよいと思うのですが、それをできないのが私の息子。
イメージ 1

教科書類のバッグも重たいが衣類の入ったスーツケースも重たいのです。そして荷物を片付けさせている間にプリンターの設定をしました。が、しかし困ったことにレオネットは5G、プリンターが対応できていません。そこでUSBケーブルで接続しました。
イメージ 2

実習病院から近いスーパーを見に行きました。ついでに明日の朝食、昼食も購入。
イメージ 3

カインズホームへ行って不足していた洗濯洗剤や文房具を購入。PCの台になる踏み台もついでに購入しました。そしてその斜め向かいにある江戸一すたみな太郎へ。
イメージ 4

お腹いっぱい焼き肉寿司にカレーを食べ、家まで送りました。

「明日から実習だよ。気が重いな。でも、一人暮らしするのこれが最後だろうから、楽しまなくちゃね。」

そう、首尾よくいけばの話ですが、春から二人で住む計画もあるとかないとか。とにかく、ここは頑張らないとその「春」が来なくなっちゃうぜ。目いっぱい頑張って、国試対策の遅れをここで取り戻すんだな。

送り届けたら父は一人高速の上。