ドライヤーが不調なので新調したのは以前書きました。しかし、息子は断線しているドライヤーを使い続けています。音が静かなのと風量が適切なのだそうです。断線はしていても、ケーブルをいじっていると何とか使えるのだとか。でも、それ危ない行為なんだぜ。火花が出るかもしれないし、電気火災の原因にもなるのです。

「でもさ、来週から実習でまた2か月レオパレス住むからさ、これ持って行きたい。何とかならないかな。」

なるんだなー、これが。断線はおそらく本体の根元の方でしょう。そこをいじるとついたり消えたりするからです。

製品はこれです。日立ioncareHD-KN1225FGです。
イメージ 1

早速開けてみます。開けないことには何もわからないのです。

※サービスマン以外は開けてはいけないことになっています。私は自己責任においてやっております。また、修理を推奨しているわけではありません。マネしないようにお願いいたします。コメント欄は閉じました。
イメージ 2

あれ、ピントが出ていないや。ま、いっか。なかなかきれいに収められています。
イメージ 3

この辺りが怪しいですね。インシュロックを外してみます。
イメージ 4

カバーをスライドさせると、断線箇所が出てきました。やはりここでしたか。黒くなっていますから、結構長いことこの状態だったことが分かります。
イメージ 5

カバーを抜いて再び通そうとしますが、ケーブルが通りません。???あ、この金具がカバーの中に入っていました。ラジオペンチでまさぐって抜き取りました。場所から考えると、これがケーブルをいじめて断線の原因になったようです。抜け止めは他で行えばよいので、金具を外したままにしました。
イメージ 6

断線箇所を切断し、ケーブルをはんだ付けで留めます。
イメージ 7

再組立てをします。抜け止めの金具は抜いていしまったので、大きめのインシュロックで抜け止めを施しました。大きな力で引っ張らなければ大丈夫でしょう。
イメージ 8

接合箇所を絶縁テープで巻き、ケースへ納めます。短絡しないように慎重に。
イメージ 9

右ケースをはめてビスで留めれば完了です。2つのスイッチの動かし、異常がないことを確認しました。そして、早速息子に使わせました。もし、火花が出たら躊躇なくケーブル引っ張ってコンセントから抜け。

「おお、直っている!完璧じゃん。」

ま、そうだとは思ったけどさ。実習地に持って行っていいよ。