先日書いたとおり、アセッサー研修中だったわけなのですが、本日の講義とテストで終了となりました。いや、テストに受かっていなかったらまだ続くのですけどね。受かったかな?何割の正答で合格なんでしょう。問題ももらえなかったので正答したかどうかも検証できないし。どうにも腑に落ちないことの多い研修でした。それと講師の態度の悪さ、これもなあ。

とにかく終わってホッとしたところです。研修の会場となった五反田の町はもう夕暮れでした。


イメージ 1

あれ、CB250Fだ、箱付けていますね。
イメージ 2

浅草線は新型車両が!今年導入された5500系でしょう。乗りたかったけど、泉岳寺止まりなので高砂まで座って帰りたい私は次のにしてしまいました。
イメージ 3

  • 介護系の資格は謎な資格とそれに伴う変な研修が多いですよね。絶対遅刻しちゃいけないケアマネ更新研修とか(俺の時なんて「天気が悪くて電車が止まりそうだと思ったら前日から泊まり込むのが常識」って事務局が言ってたもんなあ)。
    あとカリキュラムの8割が介護福祉士と被ってるくせに妙に偉そうな(この資格が無いと認知症ケアはできない。くらいの誇大広告打ってますよね)認知症ケア専門士とか。
    前の職場で「認知症ケア専門士は取らないのか?」ってアホ上司に言われて「バカにしてるんですか?俺は介護福祉士ですよ。国内唯一の国家資格持ちが何で今更民間資格取らないといけないんですか?認知症ケア専門士にできて介護福祉士にできないケアは一つも無いですよ。介護福祉士から見れば下位資格ですけどわかってます?」って真顔で言い返してやりましたね。
    ところで時代は箱ですよ箱。かっこいいですね。でも箱つけてると「こんなの」呼ばわりされるんですよね・・・。 削除
    九太郎 ]
    2018/9/27(木) 午後 10:05
    返信する
  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    仰るとおり、介護の世界は天下りに食い物にされています。介護福祉士の上級資格を作る話が合ったはずなのですが、介護福祉士+PTのある部分とか、介護福祉士+看護師のある部分なんていう風になると思いきや、なんと段位認定制度と来たものです。でもまあ、会社でお金を出してくれているので、無駄にはできないし役立てたいとは思います。

    箱かあ。箱ねえ。箱だねえ。そろそろツーリングシーズンですね。 削除
    2018/9/29(土) 午前 10:56
    返信する
  • ツーリングシーズンですね。
    今度はどこに行きましょうかね。 削除
    九太郎 ]
    2018/9/29(土) 午後 1:17
    返信する
  • 顔アイコン
    最初、ボクには意味が理解できずにお訪ねした「アセッサー」、研修ご苦労様でした。
    教員の免許更新研修をボクは疑惑の目で見ているもので、こう研修ばやりだと逆に裁判官も弁護士も医者も薬剤師も、皆研修でかたはめするのか?と、お偉い連中に訊きたくなります。
    三毛ジャガーさんの普段からの前向きな仕事ぶり、それは研修より何倍も意義深いことでしょうに。 削除
    2018/9/29(土) 午後 2:57
    返信する
  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    そろそろ計画を立てますね。取りあえず10月21日のマラソンが終わってからにさせて下さい。

    参加者はバンディットリミテッドの彼と山のmochiさんの4名でいかがでしょうか。

    場所はいくつかの候補があるのですが、自分の中の最有力候補は栃木ICより粕尾峠越え、足尾でトロッコ乗車と草木湖観光、気が向けばジャパンスネークランドとなっております。 削除
    2018/9/30(日) 午後 7:20
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    仕事をする上で、知識技術向上には研修は必要だと思うのですが、どうも現場を知らない人の遠吠えが多いようにも感じます。また、講師の現場労働者を見下した態度も気になります。特に厚労省推薦系に。東社協の研修などは有意義なものが多いので、またその落差を感じてしまいます。 削除
    2018/9/30(日) 午後 7:23
    返信する
  • 顔アイコン
    > 三毛ジャガーさん
    おっしゃる通りなのだと思います。
    研修も修養も教養も、必要で無いものはありません。
    特に研修は、講師と受講者間に対等な関係が無ければ、権威の押しつけや既成概念の鵜呑みが始まってしまいます。
    世の中「研修」の一人歩きと横行での現場サイドの負担増や自由への締め付け、ボクは経験的にその部分に敏感に反応してしまいます。 削除
    2018/10/3(水) 午後 8:31
    返信する