リビングのテレビが壊れました。電源が自動で切れたり点いたり、音が出なくなったりしてまともに見られなくなってしまいました。

使っていたのは日立のWooo!UTシリーズでした。丁度10年使ったことになります。UTシリーズの最大の特徴は、チューナー部を別体にした超薄型であることです。そもそもは両親世帯用へ買ってあげた物なのですが、設置する場所にこだわりがあり、どのような条件でもきれいに設置できるという観点からこれを購入しました。しかしその後、シングルチューナーモデルなので録画中に裏番組が見られないという苦情があり、買い直してあげました。そしてUTは裏番組録画でも困らないDVDHDDデッキがある私世帯へ引っ越してきました。

その時に大変便利だったのがiVDRSです。溜まっていた録画をそのまま新しいテレビへ移すことが出来たのです。また、iVDRS機が2台になったので、片方で録画してある番組をもう他方のテレビで観るなんてことも簡単にできて便利でした。設置場所は超薄型にもこだわらなくてもよくなっていたので、UTシリーズにはしませんでした。

壊れたものは仕方がありません。引き取ってもらうために車に積みます。
イメージ 1

改めて、この薄さは感動的です。
イメージ 2

画面サイズは同じ32インチ、今度はシャープのアクオスにしました。iVDRS搭載機はまだあるにはあるのですが、日立がテレビ生産事業から事実上撤退していて、安売り競争に参入していないのでえらく高額になってしまっています。
イメージ 3

そして、UTはドナドナド~ナドーナ~♪
イメージ 4

エレベーターにて。この10年、本当に楽しませてもらったなあ。
イメージ 5

配線をしてスイッチオン、チャンネル設定とHDDの初期化をすれば完了です。

驚いたことが二つあります。点けたテレビで、オウム真理教首謀者7名の死刑執行の報道をしていたこと。そしてもう一つは、UTシリーズに対して画質で劣ること!もちろん普通に見る分には何にも困ることはないのですが、色味につややかさが欠けるのは否めません。写真でいえば、光沢紙からフォトマット紙になったようなかんじでしょうか?
イメージ 6

画面の枠が小さくなったので、全体的に小振りになったような感じもします。そこはいいですね。リモコンもやや安っぽいかな~。画質も含め、普通に使うにはこれで十分ですけどね。