なんのこっちゃ。

先日、息子の病状説明が18日18時になったのは書きました。そして、18日には妻と二人、大相撲チケットを買ってあったのも書きました。そして、今日がその18日です。

まずは少しでも長く相撲を見ていられるように、工夫を凝らしました。金町からバスで小岩まで行くのですが、この時にこれを持って行きます。
イメージ 1

ブリヂストントランジットスーパーライト ”トラ次郎”です。そして小岩駅のコインロッカーへ預けます。この自転車はコインロッカーに入ってしまい、さらにヘルメットなどを入れてもまだ余裕があるのです。こういう使い方を想定してこのサイズにしたと聞き及んでいます。
イメージ 2

そして、両国へ!錦木関、昨日も負けて3連敗しちゃったけど、今日は俺が付いているぞ!
イメージ 3

午前中はあまり人がいないのです。今日は向こう正面中央付近、2階イスB席を取りました。今までで一番いい席です。
イメージ 4

序二段、三段目を見て、入り待ちを少しした後、そろそろ売店が開くね、行きましょう。
イメージ 5

番付を買いました。
イメージ 6

売り切れてしまう前に弁当も買っておこっと。そうだ、息子に焼き鳥の差し入れしてやるか。国技館の焼き鳥は冷めていても美味しいようにできているから、いいね。
イメージ 7

なぜか妻はせんべいも買っています。前回と同じ味なのは謎です。
イメージ 8

12時、ちゃんこを食べに列に並びます。今回は尾車部屋の塩ちゃんこでした。
イメージ 10

いっただっきまーす!
イメージ 9

結構おいしいね。妻は鶏のソップ炊きちゃんこと似た味付けだとの感想。
イメージ 13

席に戻ったら、弁当を食べましょう。妻は焼き鳥弁当、私は鶴竜弁当です。前回白鳳弁当でとてもおいしかったのですが、違う味も試してみたくなりました。あと、錦木が露払いをしているからね。トンカツ、牛サイコロステーキ、鶏の唐揚げと鶴竜大好き肉の3種盛だそうです。
イメージ 11

水戸司と和蔵山の対戦です。和蔵山は妻の実家の隣り町出身の力士ですので、応援にも力が入ります。しかし、声を出したりはしません。恥ずかしいというのです。そうかあ?誰も見ていないぜ。

お、いい当たり、そして勝った!
イメージ 12

妻は錦木の入り待ちへ出かけます。私は席で取り組みの進捗状況を確認。そして三段目最後の取組前、妻にメールします。
「次の取り組み、頂です。」

そして、幕下最初の取り組み、頂―爆羅騎戦です。頂は妻の一押し、錦木の付き人をやっているのですが、ハーフでものすごいイケメンだとのこと。よし、俺も応援するか。
イメージ 14

よしいけ!
イメージ 15

あれ、負けちゃった!残念。
イメージ 16

十両が終わると、いよいよ幕内の土俵入りです。おお、安美錦!膝と踝のテーピングがすさまじいですね。
イメージ 17

西が終われば東の土俵入り。行事を先頭に、続くは我らがクマちゃん、錦木!

声を掛けると妻がうるさいなあ、だって。いやいや、それも相撲の楽しみの一つでしょう。
イメージ 18

続くは横綱土俵入り。まずは大横綱、白鳳!前回は休場していたので初めて観ます。足の指に力が入っているかな~。今日は成長著しい若手、阿炎だぞ。油断するなよ。
イメージ 19

続いて鶴竜の土俵入り。露払いは錦木です。さっき自分の土俵入りをしたばかり、ゆっくり歩いて引っ込んだ後、大慌てで露払いの用意をして、それが終わったら今度は自分の取り組みの用意と毎日大変ということです。妻が言うには、まるでドリフの早変わりコントの様な忙しさなんだそうです。それが結果がなかなか良くならない原因だったりするのかな?井筒部屋の力士の皆さん、早く入幕して露払いをやってくださいね。
イメージ 20

後ろ姿で鶴竜と錦木を比べると、やはり体が違いますね。勇気と根性では負けないでね。
イメージ 21

さあ安美錦、昨日は勝ったぞ。今日は佐田の海だ。
イメージ 22

頭から行った!けど今日は負けてしまいました。
イメージ 23

そして錦木の番。今日の相手は豪風、関脇経験の手ごわい相手です。でも昨日はあみたんに負けているから、意気消沈気味かも。

力水を付けてもらっています。
「錦木!」
と声を掛けるのは私ばかり。妻は声を出しません。なんでだよ~、もう。
「田舎もんだからこういうのは恥ずかしくてできないの。」
じゃあ、東京もんは恥じらいを知らないってか?悪かったな、でもこれも楽しみの内だよ。思い切って声出してみようぜ。
イメージ 24

力強い四股。
イメージ 25

時間いっぱいです。両手をついて、腰が高いかな?
イメージ 26

激しい当たりに耐え、押し込む錦木。よしもう一息だ。
イメージ 27

土俵際でかわされる!クマちゃんアブナイ!
イメージ 28

どっちが先だ?軍配は?
イメージ 29

よし、錦木だ!錦木の勝ち!
イメージ 30

そろそろ時計が気になります。でも17時20分までは大丈夫、いやどうせムンテラは遅れるだろうから、もうちょっといいんじゃないの?

「遅れたら忙しい先生に悪いから、そろそろ行ったら。」
と妻。君は最後まで観られるから気楽でいいね。

計算すると勢ー千代丸までは余裕、多少無理はあるが遠藤ー御嶽海はなんとかなるかな?テレポーテーションが出来れば白鳳ー阿炎までだな。

そして勢ー千代丸戦です。
イメージ 31

あ、勢負けちゃったじゃん。
妻、「もう行って!」
はいはい、それでは大相撲6日目、三毛ジャガーはここで早退いたします。
イメージ 32

ラジオで大相撲中継を聞きながら電車を待ちます。盛り上がっている館内の声。いいなあ。
イメージ 33

小岩でロッカーからトラ次郎を出します。
イメージ 34

トラ次郎の組み立てはわずか1分、その後は金町に向けて猛烈にペダルを回します。
イメージ 35

17時45分、病院到着。ほら見ろ、遠藤ー御嶽海見られたじゃん。息子にお土産の焼き鳥を渡します。ラジオを聞いていてびっくり、何と白鳳が阿炎に敗れたというではありませんか。見損ねた~!

丁度夕食になる頃でしたので、ご飯と一緒やきとりを食べていました。
「うまいなあ、何この焼き鳥。冷めていても本当にうまいよ。インスタにあげようっと。」
イメージ 36

さて、心配してくださっている方もいらっしゃるので、病状説明についても記しておきます。手術はとりあえず回避できました。もう1~2週間の入院加療で痛みは残るだろうけど、実習に行ける見込みだということです。

主治医からの説明で、入院当初は症状が重いので手術も視野に入れていたということですが、今週に入ってから急速に症状の軽快が見られ、まだまともには歩けない状態ではあるが、この調子で快方に向かうなら何とかなるのではないか、ただし見込みであって結果を約束するものではない、と言われました。

早速学校へ連絡する息子。気持ちも前向きになってきたようです。結果がどうであれ、常に前向きでいようぜ。