会社で九太郎さんの奥様とばったり出会いました。実は私と同じ会社の方なのです。

「昨日はご主人と遊ばせてもらいました。どうも。」

「え、あれ三毛さんとだったんですか。二人でどこ行ったんですか?」

どこ、どこでしょうねえ。うーん。どこでしょうか?目をのぞき込まれているので嘘もつけませんよね。柏方面へちょっと大きな買い物をしに。

「ええ、いくらの?」
「98,000円くらいです。」
「あ、じゃあ中古なんですね。前から欲しいって言ってたから、それくらいならね。でも乗っていないとバッテリーあげたりしちゃうから。」

いい奥様ですね。心配されていることは、忙しくて乗れないことの方だったようです。九太郎さんにとって理想の奥様ではないでしょうか。

あ、そうだ、値段聞かれて私勘違いしてニー○センターで見た車両の値段言っちゃった。訂正していないけど、大丈夫かな?

てか、九太郎さん、どこへ誰と行ったのかも奥様に言ってなかったんですね。それくらいは話していると思っていたのでご挨拶しなくてはと思ってしまいましたが、ちょっと失敗だったようです。

血の雨が降るようでしたら、ごめんなさい。