6時30分、九太郎さんのご自宅へ到着。九太郎さんのヘルメットへ4riders interphoneV4を設置します。今日は原2ツーリングなので、私も妻のLead125を借りてきています。ミラーの根元にはCB250Fから移設したカメラ雲台、V8リモコン、それにRAMマウントを付けてあります。

計画通りにR6、R464と進みます。渋滞なく、極めてスムーズに走れました。問題点とえば、初富の曲がり角を間違えたくらいで、九太郎さんがロコなのでなんとかそれも無難に切り抜けて北総線と平行する区間に入りました。この部分も渋滞は一切なし、納車以来最高速度となる70㎞/h程度で巡行しました。

印旛沼のところで右折、そこから先は道が複雑なので一旦休憩、地図を出してはにわ街道へ入る道を確認します。

地図で確認中。手前、妻のホンダLead125、奥、九太郎さんの奥様の(かな?)スズキAddress110です。
イメージ 1

なかなかに良い道で、楽しくおしゃべりをしながら走りを楽しみました。
イメージ 4

右に鯉のぼりが見えますが、この谷の下はさらに鯉のぼりがいっぱいでした。今日は子供の日ですね。
イメージ 5

芝山はにわ道に入りました。標識ポールで隠れてしまっていますが、あちこちにはにわがありました。
イメージ 6

家を出て2時間くらい、そろそろ休憩したくなるころだから風和里しばやまに寄る、という計画でしたが、順調だったのでまだ1時間30分もかかっていません。道の駅はこの先のオライはすぬまに立ち寄ることにして、通過しましょう。というか、あっという間に通り過ぎてしまっていました。

8時50分、道の駅オライはすぬまに到着です。私たちの車両の向こうはCB350fourでした。
イメージ 2

ちょっと早すぎでまだ準備中、何も買うことが出来ませんでした。トイレだけ済ませて、ぐるっと見て回るだけしかできませんでした。

イメージ 7

ジャイアントグレートジャーニー!
イメージ 8

漁船には登ることが出来ます。登れるならとりあえず登らないと気が済まない性質なので登りましたが、小さい子供に「こっち来ないで!」と恐れられてしまったのでぴょんと舷側から飛び降りました。親御さんに謝られてしまいましたが、いい大人が遊ぶものではありませんからね。
イメージ 9

風が強くて鯉のぼりがよく泳いでいます。
イメージ 3

オライはすぬまを後にしたら、県道30号九十九里ビーチラインを北上します。
イメージ 10

このままだと10時台に銚子についてしまいます。それでは刑部岬に寄っていきますか。

刑部岬には多くのモーターサイクリストたちが来ていました。往年の名車、スズキGSX-R750ですね。油冷を意味するSACS(Suzuki Advanced Cooling System)と誇らしげに書いてあります。同じくスズキからSACS搭載のそっくりさん、GAGもありましたね。こちらに搭載の技術は油冷ではなくSuzuki Advanced Comical Systemなのですが、冷却方式としてはこちらの方が強烈で寒くて背中が凍えそうになります。
イメージ 11

刑部岬の展望台へ登ってみましょう。
イメージ 12

うーん、いい眺め!漁港の向こうは九十九里、そして見える部分は3.11に津波被害に遭った場所です。その時にはどんな光景が広がっていたのでしょうか。逃げ惑う人々や波に飲み込まれる姿を想像するだけで気が滅入ってきます。
イメージ 13

パノラマでも撮ってみました。
イメージ 14

良心的なことに、無料の望遠鏡がありました。
イメージ 15

さらに上まで登ると、これから向かう銚子方面が見えました。
イメージ 16

展望台から戻ってみると、あれ、GSX-Rは新型に進化していました。不思議なこともある物です。
イメージ 17

まだお昼には早すぎますね。ぐるっと犬吠埼を回って犬吠埼灯台へ来てみました。自動2輪はこの有様!
イメージ 18

灯台は混雑しているからと入場制限がかけられ、少しですが待たされました。
イメージ 19

灯台に入ってからも大渋滞、すれ違いがぎりぎりのらせん階段で何ともたくさんの人とすれ違いました。ライディングジャケットを着ている我々は結構厳しいものがありました。
イメージ 20

でも、灯台の上からの眺めは言うことなしでしたよ。
イメージ 21

展示館と
イメージ 22

霧笛舎の見学をしました。ボタンを押すと霧笛が鳴り響きます。それと買いませんでしたが、霧笛を収めたCDを販売していました。どんな需要があるんだか、なんて思っていましたが、実際に聞いてみると欲しくなってしまいました。ちょっとだけですけどね。
イメージ 23

海上保安庁が海の安全運動と称して未来の職員になる人材の掘り起こしをしていました。制服を着せて写真に収めるサービスなどをしていました。40代、50代のおじさんたちはもう関係ないようで、スルーされてしまいました。
イメージ 24

ようやく昼近くです。銚子に戻ります。
イメージ 31

今回の旅の一番の目的地、お食事茶屋 膳へ来ました。
イメージ 25

前回は極上サバつくしをいただきましたが、あれは季節限定なので今回は「いわしおまかせ」2,500円にしてみました。いわし漬け丼に前菜3品、香の物、他に、
イメージ 26

いわしの煮物、これはなぜかメニューに乗っていないのでサービスかな?
イメージ 27

脂が乗り切ったとろとろの刺身!
イメージ 28

野菜といわしの天ぷら
イメージ 29

汁までいわしのつみれ汁と、全部おいしく頂きました。もうお腹いっぱいです。
イメージ 30

13時、銚子を出発。R356を西へ進みます。次の目的地は佐原です。
イメージ 32

13時50分、佐原に到着。車両を忠敬記念館の駐車場に入れました。まずは伊能忠敬に会いに行きます。九太郎さん、象限儀を覗いています。見えるのは、何とあのお方!
イメージ 33

まずは私が以前から入ってみたかった伊能忠敬記念館へ。
イメージ 34

面白い!地図作りの仕方も興味深いし、若いころは働きっぱなしで財産は3倍に、隠居後に始まるの破天荒な人生、そして様々な分野で活躍していた人間力のすさまじさにただただ、圧倒されてしまいます。すごい人がいたものです。

館から出たら、あれ、船に乗っているね。え、順番待ちがあるの!今日は超混みだなあ。
イメージ 35

すぐ前に伊能忠敬さんのお家がありました。入場無料ってか、悪いことしちゃったな、手ぶらで来ちまったよ。
イメージ 36

んじゃまあ、なにかこさえるから食べておくんなさい。
イメージ 37

自宅の敷地内を農業用水が流れるという恵まれている環境の驚きです。
イメージ 38

歴史を感じさせる建物が多い街の散歩は何とも楽しいものです。
イメージ 39

丸石サイクル特約店がありました。これも時代物ですね。
イメージ 40

荷揚げ用の階段は結構急ですね。
イメージ 41

舟は満員、待ちが出ているなら私のカヌーで一儲けしようかな。
イメージ 42

今日の参加者全員集合の記念写真です。
イメージ 43

道はやや混むところがありました。どこを通過して帰ろうか。手賀沼の北側を通過し、手賀大橋を渡ります。
イメージ 47

渡ったところにあるのが道の駅しょうなん、そう、先週インラインスケートを滑りに来ていますね。そこへ立ち寄りました。

駐車場に住んでいる人がいるようです。
イメージ 50

ロイヤルノートンのキャンピング車ですね。キャンピング車と言えばクロストシートスティ、ブルックスの皮サドル、砲弾型ライトに本所の泥よけ、マニアックなポイントとしてギドネットレバーとハンドレストですね。こんなのまだ売っているの?それともデッドストックでしょうか。オーストリッチのサイドバッグは定番ですね。私も持っています。
イメージ 44

トマトソフトクリームを食べてみました。ドライトマトもついて面白さもあり、またちょっと不気味でもあります。九太郎さんは安全にバニラを注文。あれ、カブソフトクリームなんてものもあるから、それもいいかな?
イメージ 45

レストランからは手賀沼が良く見えました。喉も乾いたな、え、水分持参だったの!ありがとうございます、九太郎さん!
イメージ 46

ちょっと渋滞が酷くなってきましたね。
イメージ 48

帰りにライコランドに立ち寄りました。何も買わなかったのですが、なかなか興味深く見て回ったのであっという間に1時間ほど経ってしまいました。店から出るともう真っ暗でした。
イメージ 49

19時30分頃、自宅到着でした。九太郎さん、本当に今日は楽しいツーリングでした。またご一緒しましょう。次は中型自動二輪で一緒に行けるといいですね。

  • 本日はお疲れ様でした。
    記事のアップ早いですね。
    自宅に戻って片付けをしたり給油をしたりしていたらもうこんな時間です。
    ちなみに燃費は驚きの53km/Lでした。 削除
    九太郎 ]
    2018/5/6(日) 午前 0:25
    返信する
  • 顔アイコン
    「膳」で美味しそうなものを!
    風がありましたが、各種2輪が大勢連休を楽しんでいましたね。

    かように皆さんお出かけで、地元イベントはお客閑散、
    特に閉店後の伊勢丹松戸店周辺は閑古鳥、淋しくて、貴殿ご来訪お待ちしてます。 削除
    2018/5/6(日) 午前 7:51
    返信する
  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    お疲れさまでした、そしてありがとうございました。連休の中だったので渋滞も心配されましたが、なんとか大幅な遅れも出さずに戻れました。九太郎さんのロコならではの感覚があってこそですね。そして飲み物と応急修理用具一式の準備、本当にありがとうございました。 削除
    2018/5/6(日) 午前 8:01
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    本日お伺いいたします。宜しくお願いいたします。 削除
    2018/5/6(日) 午前 8:02
    返信する