昨日、タピオカを食べてからちょっと昼寝。起きたら、明日の為に車両を整備します。

「冷却水の交換は当分不要、心配ならワコーズクーラントブースターを入れておけばよい。」
と買ったショップで言われていたので、購入3年3か月を過ぎたのでちょっと心配になり言われた通りワコーズクーラントブースターウを入れることにしました。
イメージ 1

ラジエーターキャップはネジでロックされていました。高温時に不用意に開かせないようにするためでしょうか。
イメージ 2

クーラントブースターを入れる余地を作るため、クーラントを抜きました。ボトルの説明書きに依れば、クーラント5ℓ~10ℓに1本とあります。CB250Fのクーラント量は1.1ℓ、ブースターは1本300mℓです。ということは、50mℓ程度抜けばよいという計算になるでしょうか。

灯油や醤油の「ペコペコ」を使って適当に抜きました。これくらいかな?クーラントの色は非常にキレイでした。
イメージ 3

クーラントブースターを入れます。
イメージ 4

さて、もう一つ課題があります。ヘッドライトの中に水滴が入ってしまっているのです。
イメージ 5

ヘッドライトユニットを外し、カバーからライトユニットを取り出しました。割れ線があるし、フックもあるので外せるかといろいろやってみましたがちょっと無理みたいです。壊すといけないのでやめましょう。
イメージ 6

それなら、この手で。布をドライバーの柄で押し込んで、拭き取りました。しかしどうしても角の方は拭き取りができません。
イメージ 7

思い切ってタオルを入れて、鉛筆にキャップをして拭き取りました。
イメージ 8

軽くドライヤーの風を入れて、さらに一晩おいてみました。ほぼ取れたかな?ヘッドライトを戻しました。

作業中、まさにそこへ娘が彼氏を連れて登場。
「初めまして、○○です。」

なかなか好青年でいいですね。そうそう、この彼もライダーだというのです。何乗っているの?

「はい、125なんですけど、GNというバイクです。」
「ああ、スズキの。」
「あ、はい、わかりますか。」
「いや、俺も乗っているからね。」

車の陰に回る彼。
「お、CBか、かっこいいですね。」

そのうち一緒に走りにいくか。大学受かったらな。そう、今日から彼は高校3年生。
その時まで娘と付き合っていたらだけど。
「当然ですよ、別れるわけないじゃないですか。」

大事にしてくれよな。


さて、今日はこれからタンデムツーリングです。暑そうですね、グローブ夏用にするかな。