英語版でもあまり困ることがないことがわかってきました。レジェンドと30Xは世代的には大きく違うのですが、基本的な操作系はそれほど大きく変わらないようです。

が、しかし簡単にできるなら、メニューだけでも日本語化してみましょうか。面白そうです。参考にしたのは以下のサイトです。

かしゃいぬさんのブログ「俺と自転車の全て」

かしゃいぬさん、大変にわかりやすかったです。ここに勝手に引用いたしました。問題があったらお知らせください。

手順などはかしゃいぬさんのブログに詳しいので、私のようにPCに疎い人でも書いてある通りにやって行けばちゃんと日本語化できます。難しいことは何もなかったです。一応流れを書いておきます。

〇デバイスをPCに接続する。
〇デバイスのバックアップを取る。
〇必要なファイル2つをダウンロードして、そのうち1つはファイル名を変更し、もう一つはテキストエディター(メモ帳)でプログラムの一部を変更(というと難しそうですが、 >日本語< を >Japanese< にするだけです。)。
〇その二つをそれぞれデバイスのしかるべきフォルダに格納すれば、後はデバイスのSET UPでLanguageをJapaneseに変更するだけです。

変更前のメニューです。英語が表示されています。まあ、これで困る人もまずいないでしょうけどね。
イメージ 1

Setupを選択します。
イメージ 2

Systemを選択します。
イメージ 3

Languageを選択します。
イメージ 4

Japaneseを選択します。一番下にあるので、Englishから上に向かうと一つ目です。
イメージ 5

無事にメニューが日本語化されました。
イメージ 6

肝は、ファイル名の変更でしょう。ガーミンデバイスの中にすでにあるファイルと同じ名前にして、上書きするのです。もう一つのファイルの日本語をJapaneseに書き換えるのは、デバイスが英語版で日本語を扱えないからではないかと思われます。

ファイルの上書きがあるので、バックアップは必ず取っておくべきでしょう。万が一トラブルが派生した時に戻せなくなってしまう可能性も否定できません。

さあ、だんだん使いやすくなってきた私のハンディGPSです。勤務の都合で実戦投入はもうちょっと先です。