昨日のこと。ケーキを製作中に、ハンドミキサーに異変を感じました。カラカラ中で部品が転がっている音がするのです。

とにかく開けてみなくては何もわかりません。裏のビス3本を外します。
イメージ 11

あれ、壊れていないなあ。ん、いやまてまて、なんだこの透明な部品は?
イメージ 1

どうやらファンのようですね。強制空冷式だったのですね。
イメージ 2

ケースの中に、3つに分かれてしまったファンを見つけました。全部そろっているようです。さて、どう直すか。
イメージ 3

瞬間接着剤でくっつけてみました。これでどうでしょうか。いやまてまて、ファンのプロペラが一枚折れています。回転のバランスが悪くなると振動が出てまた壊れてしまうでしょう。どうやってバランスをとろうかな。代わりに何か錘でもつけて、、、。
イメージ 4

いや、反対側を取ってしまった方が早くて確実ですよね。
イメージ 5

両側を取ってしまいました。回転のバランスはどうでしょう?
イメージ 6

恐らくこのシャフトに付けられていたはず、そこへ戻します。
イメージ 7

狭くてだめ、ばらばらになったから外れたんですね。仕方がありません、ベースも外してようやく付けられました。イメージ 8

ケースの内側も汚いな、洗っておきましょうか。
イメージ 9

ケースが乾いてから戻し、ギア類に給脂します。油が飛び散ると食品衛生に良くないので、浸透力があり、それでいて粘度高めのチェーンオイルをごく少量使用してみました。
イメージ 10

さあ、生クリームを撹拌してみましょう。おお、直っているぞ。完璧に使えています。よかったよかった。
イメージ 12

「カチン、カラカラカラカラ。キン。キン。」

嫌な音が本体内部から響きます。
だめだこりゃ、どうやら遠心力か振動で再びバラバラになってしまったようです。何かで代わりのファンを作らなくちゃなあ。