会社でのこと。同僚のAさんから、利用者旅行先として提案がありました。それがなめがたファーマーズヴィレッジです。ウェブサイトで見る分にはよさそうです。でも、一度見に行ってみないことには分からないこともあるでしょう。ついでに、何回か立ち寄っているのにまだ登っていないたまつくりの虹の塔にも登ってくることにしました。

常磐道を飛ばし、土浦北で降ります。CB250F納車1週間後の初キャンプの時に通過したR354を東へ。霞ヶ浦大橋を渡ったところにある、道の駅たまつくりへ車両を入れました。

駐車場の隣はグラディウスでした。向こうに見えるのが虹の塔です。
イメージ 1

早速登ってみましょう。
イメージ 2

入り口は階段ですが、車椅子や歩行器を配慮したスロープが併設されています。残念なのはタイル張りのところです。車輪の小さい歩行器では通行しにくいのですよ。普通にアスファルトにしてもらった方が良いのですけどね。写真を見て気がつきましたが、階段の方はコンクリートですね。逆でしょう、これは。
イメージ 3

入館料300円を払って入ります。2階からエレベーターなのですが、そこまで上がるのはらせんのスロープです。これもね、なぜ1階からエレベーターにしないのでしょうか。
イメージ 4

エレベーターに乗り、展望階へ降ります。おお、この眺め!
イメージ 5

霞ヶ浦の向こうに筑波の山々が!
イメージ 6

渡ってきた霞ヶ浦大橋です。ここは霞ヶ浦一周サイクリング大会のコースでもありますよね。写真ではよく写っていませんでしたが、富士山や牛久大仏も肉眼ではよく見えました。
イメージ 7

100円は必要ですが、これだけ天気の良い日には双眼鏡で見たくなりますね。
イメージ 11

眺望を楽しんだら、こちらも下見をしましょう。行方市観光物産館です。
イメージ 8

行方バーガーが名物です。週刊バイクTVで末飛登さんも食べていましたね。これは私も食べてみる必要がありそうです。
イメージ 9

豚パックン、コイパックン等もあるのですが、アメリカナマズのなめパックンにしてみました。

このサイズ!紙コップと比べてみてください。
イメージ 10

どうやって食べるのか悩むところですが、上から順番に食べて、口に入る大きさになったらかぶりつくことにしました。野菜は地元の、そしてパテはナマズのカマを使ったというこだわりに逸品です。川臭さが全くなく、淡白な感じでした。白身魚をたたいて練ったような感じと言ったら外れてはいないかな?おいしかったですよ。
イメージ 12

次は、なめがたファーマーズヴィレッジへ行きました。平日だというのに駐車場は結構混みあっていました。
イメージ 13

ご存知の方も多いでしょうが、ここは廃校となった小学校を利用して作られた施設なのです。
イメージ 14

燃える男の~赤いトラクター♪クボタも展示されていました。
イメージ 15

これは、もしかして水陸両用ばすでしょうか、北浦に入るのかな?乗ってみたいなあ。
イメージ 16

スクリューもついていました。やはり、水陸両用で間違いないですね。
イメージ 17

大きなものから小さいものまで♪ヤンマーディーゼル。
イメージ 18

備長炭です。こんな大きいの作るのたいへんでしょうね。買うとしたらえらく値が張りそうです。火も点けられないかも。
イメージ 19

一通り校庭を見たら、中へ入ってみましょう。
イメージ 20

らぽっぽのおいも詰め放題がありますね。後でやってみましょうか。
イメージ 21

2階には焼き芋ミュージアムがありました。有料ですが、最後に自分で作った焼き芋が持ち帰れる様です。今回は入りませんでした。
イメージ 22

屋上へあがってみました。鐘があったので、一突きします。コーン、と寂しげな音が快晴の空に響いていきました。
イメージ 23

セルフシャッターで。北浦が見えますね。
イメージ 24

パン屋でパンを買って食べ、職場へのお土産として焼き芋おかきを、家族用にもそれを買い、さらに先ほどのおいも詰め放題で大学芋を詰め込みました。タンクバッグだけしか付けてこなかったので、これが限界です。
イメージ 25

インフォメーションでいくつかの質問をしました。

Q:30人ほどの団体で来るとして、昼食を食べることはできますか?
A:予約していただければ、2階のレストランの席を取っておけます。団体専用メニューもあり、それから選んでいただく形にあります。主菜以外は他の方と同じにビュッヘになります。

Q:団体メニューはこれだけですか?高齢者向けにアレンジはできますか?
A:これだけですね。高齢者向けアレンジはしておりません。

Q:レストラン以外で食事の提供はできますか?
A:出来ないですね。ベンチなどで食べていただく以外ないです。

Q:マイクロバスの駐車場はありますか?
A:大型バス駐車場があるので、そちらへ置けます。出入りの時には入り口までバスで来てもかまいません。

そんな感じでした。利用者旅行としては、どこかでお昼を食べてから、最後に立ち寄るというのが一番しっくりくるでしょう。

とにかく寒い一日でした。心配していた路面凍結もなく、無事に下見旅行を終えることが出来ました。こうしてレポートもまとめることも出来ました。