2018年1月5日

茨城県日立市の十王ダムへ来ました。ここに至る過程はツーリング編にまとめますので、今日はここから始めます。
イメージ 1

十王パノラマ公園の駐車場へ車両を停め、山登りの支度をします。
イメージ 2

山に登る前に、まずはパノラマ公園の展望塔に登ってみました。「バナナ鬼」なる鬼ごっこに興じる子供達で騒々しかったですが、子供の声なら少々のうるささはいいものです。バナナ鬼のルールは、鬼に捕まりそうになったら「バナナー」など果物の名前を大きな声で言えばその間は鬼はつかまえられないのだということです。
イメージ 3

展望塔から。海も見えるし、反対側にはやまなみが広がっていました。
イメージ 4

十王ダムのダム湖です。その向こうに見える峰の奥に、これから登る石尊山があります。
イメージ 5

展望塔を降りたら、駐車場までの道をあるき、車道へ降ります。
イメージ 6

車道を歩くと、分岐に来ました。あれ、地図ではここハイキングコースのはずですよ。それがこの車道なの?
イメージ 8

谷道の滝分岐へ来ました。下写真に写る細い道かと思いきや、そうではなくそっちも車道でした。未舗装なだけましでしょうか。
イメージ 9

北茨城と言えば、ひよっこの舞台の一つですね。谷田部家の様な家がありました。
イメージ 7

段々細くなってきました。ジムニーくらいなら通れそうです。
イメージ 10

ここを左です。ゴミが捨ててあるのが残念です。しかもゴミの正体は某団体の販売する袋ですから、地元の人っぽいです。
イメージ 11

沢の脇を登っていくと、滝がありました。これ、谷道の滝かな?看板など何もないし、日立市のサイトからダウンロードした地図はざっくりしている上、位置も間違っているんですけど。
イメージ 12

もしかしてもっと奥かと歩いてみました。道はまだまだ続いています。
イメージ 13

滝らしいものは何にもないし、そろそろ戻りますか。やはりあれが谷道の滝だったのでしょう。観光地として売り出すなら、それなりの作法があるんですけどね。残念ですね。
イメージ 14

先ほどの分岐点へ戻ってきました。「ハイキングコース」扱いの車道を再び歩きます。
イメージ 15

どこまで行っても舗装路のままです。こんなことならモーターサイクルで来ればよかったなあ。これをハイキングコースとした日立市はどうかしているでしょう。
イメージ 16

分岐があっても案内は全くありません。地図なしには来てはいけない所のようです。
イメージ 17

頂上すぐ下まで来て、ようやく車道から離れられました。東屋がありますね。
イメージ 18

イメージ 19

海軍航空隊員殉難の碑がありました。昭和19年(1944年)9月15日、千歳より豊橋へ向かう途中、この地に墜落したようです。搭乗員の名前が掘られていました。
イメージ 20

そこから石尊山山頂まではすぐでした。石尊山山頂であることを示すのはこの札のみ、いったい何考えているのでしょう。
イメージ 21

何かの監視塔でしょうか、柵もなく、登るなと書かれてはいませんが、登らせない雰囲気を漂わせています。登るのはやめておきました。
イメージ 22

登らなくても眺望はそこそこ開けています。
イメージ 23

帰りには来た道を戻ります。それしかないのです。延々と舗装路歩きです。
イメージ 24

ここにも「ひよっこ」っぽいお家がありました。
イメージ 25

そして、ゴール。坂を登り切れば駐車場です。
イメージ 26

石尊山は正直、全くつまらない山でした。90%舗装路歩きで、そのうち未舗装の9%が谷道の滝へのピストンです。これをハイキングコースとしている意味が分かりません。だったら、土岳にもう一度登ってきた方がよっぽど面白かったくらいです。

十王ダムのダムカードはいただきました。これだけが唯一の収穫だったかな?