チェアに一日遅れで到着したナイロンクロステーブルです。まずは箱を開けてみましょう。
イメージ 1

収納袋に入れられています。収納袋は半分メッシュになっています。収納サイズは実測で65㎜×65㎜×560㎜くらいでした。重量はケース込みで750gです。
イメージ 2

袋から出してみました。低価格品には見えないなかなか質感が高いように見えます。DesertFoxのロゴもなかなかおしゃれではないですか。
イメージ 3

幕体を広げてみると、骨組みが出てきました。天板になる幕体には最初から4本の骨が入っています。
イメージ 4

説明書はないのですが、迷うところなど在りようもなくすいすい組み立てられます。

脚を広げて天板の骨組みを支える梁を渡します。
イメージ 5

こんな感じで、力もコツも必要なく数秒でできるでしょう。
イメージ 6

次は天板のステーを脚のフックへ入れます。
イメージ 7

反対側は引っ張りながらフックへ入れます。それほど強く引っ張らなくても大丈夫です。
イメージ 8

下から覗くと、幕帯のステーを梁が支えているのがわかります。精度も高く、なかなかよさそうです。
イメージ 9

天板のサイズは422㎜×565㎜ですが、端の方には置けないので実質370㎜×530㎜程度です。床から天板の高さは骨組みのある部分で387㎜くらいでした。

早速食器を並べてみました。コップを置いてもひっくり返りそうにはなりません。十分実用として使えます。ただし、幕体のステーを跨ぐようには物を置けません。傾いてしまいます。
イメージ 10

幕体に2カ所、メッシュのポケットがあります。
イメージ 11

大きめのカップ、シェラカップをぎっしり並べてみました。案外余裕を感じます。
イメージ 12

やはり、テーブルとしての使い心地はフラットのテーブルにはかないません。しかし、持ち運びを考えればこっちでなければならないシーンも多いですね。正直、モーターサイクルキャンプでは今まで小さいものでもテーブルは持って行ったことはありませんでした。今後はこれを持って行くこともあることでしょう。