もてぎエンデューロの前日に、ショックアブソーバーのブーツが破れ、ゴムの部品が取れちゃった話と修理に出した話は書きました。20日に修理が終わって車両を引き取りに行ってきました。

これが問題の取れちゃった部品です。
イメージ 1

修理完了ということで趣里工場へ出向きました。残念ながら、修理担当者は出張中でお会いすることはできませんでした。色々お話を伺いたかったのですが。
イメージ 8

交換された部品は箱に入れられていました。
イメージ 2

ブーツの破損は千切れた部分だけでなく、あちこちに亀裂が入っています。物理的な原因による破損ではなく、やはり劣化ですね。
イメージ 5

こちらは正常な物がどんな状態か分からないのでもともとこんな物だったのか、それともはめ合いがゆるくなってきているのか。左右ではめ込み具合に差がありました。
イメージ 6
バンプストッパーも交換してくれていました。ショックアブソーバーを外さなければならない物は全部お願いしています。本当はダンパー自体も交換しようかと思ったのですが、結構高価だし、7万キロ程度ではまだまだ大丈夫というので交換しませんでした。
イメージ 3

左右とも交換したので、全て一対あるはずですが、例の部品は一つだけでした。んんん?いったいどこの部品だったのでしょう。
イメージ 4

とにかく、ゴム系部品の交換は終了、安心して走行できるようになりました。
イメージ 7