三題話のようなタイトルですが。
2017年、5月4日

まずは楽しみにしていた、フォトクラブ写楽の写真展へ行きました。何人かの関係のある方との出会いもあり、出展者山のmochiさんの案内をうけながらの鑑賞と贅沢極まる待遇で写真展を楽しむことが出来ました。
イメージ 1

その建物の1階に、献血ルームがあります。次の目的地はそこです。1年ぶりの献血をしてきました。前日にレースを終え、心置きなく血を抜きました。
イメージ 2

さて、帰りますか。ここまでの交通機関は、今回はBSトランジットスーパ―ライト、「トラ次郎」です。畳んで輪行袋に入れたら、手荷物として献血ルームで預かっていただけました。もちろん軽々コンパクトなので迷惑にもなっていないでしょう。ロードバイクではできない技です。
イメージ 3

帰って昼食を食べたら、仕事上必要な「新たなる場所」の開拓に出かけてきました。レースに向けて自転車ばかり乗っていたので、遠出は久しぶりとなるCB250Fで出かけました。

来てみたのは松伏緑の丘公園です。駐車場へ車両を入れました。
イメージ 4

ビオトープがありますね。木道を歩けば水辺の生き物たちを間近に感じられるかもしれません。季節になればトンボも多いようです。
イメージ 5

ポピー畑の向こうには緑の丘が見えました。登ってみましょう。
イメージ 6

人工なのが残念ですが、せせらぎで遊べるようになっています。子供たちの楽しそうな声が響いてきます。
イメージ 7

藤が見ごろでした。久伊豆神社も候補の一つでしたが、こちらは混雑していたでしょうね。行くなら平日でしょう。
イメージ 8

さあ、登るぞ。
イメージ 9

登頂!近隣にはあまり高い建物がないので、大した高度ではないのですが意外なほど眺望が楽しめました。
イメージ 10

反対側から下ってみました。こちらは全面舗装されていました。九十九折れになっていて傾斜も緩やかです。
イメージ 11

花はそこかしこに植えられています。
イメージ 12

庭園としてはまとまりを感じませんけどね。
イメージ 13

さて、帰りましょう。4Riders interphoneV4のワイドFMで荒川強慶デイキャッチを聴きながら帰りました。なぜか、パンダ音頭なる珍曲がかかっていました。
イメージ 14

実は忙しすぎて、BT Interphone NetphoneV8はまだ使用できるようにしていないのです。