今日はS先生のお招きで、某学校某クラブのボランティア付き添い登山をしてきました。

集合は8時に芦ヶ久保駅です。最終日とはいえ、GWですので早めに家を出ました。しかし、渋滞は全くなくすいすい来てしまいました。三芳SAで朝食を摂ります。食べながらフリーWi-Fiをお借りして天気のチェック。秩父地方は大丈夫のようです。
イメージ 1

え、食事を終えてSAを出てみるとぽつりぽつり来ていますぜ。大丈夫かな?それとグラディウスさん、空いているんだからもう少し間開けて停めてよ。
イメージ 2

SAでゆっくり過ごしてから再出発。それでも国道140号バイパスが蒔田まで延伸していてものすごく早く着いてしまいました。マピオン見てみたら、まだ地図の更新はされていませんでした。

道の駅芦ヶ久保の第2駐車場へCB250Fを入れ、出発準備します。そして8時丁度、彼らはやってきました。まずはS先生、鉄道車両の写真撮影から。列車を見ずにモーター音だけでNRAを言い当てたのはさすがというべきでしょう。
イメージ 3

15分ほど出発準備を取り、トイレや撮影などを済ませて出発します。春の匂いがプンプンします。
イメージ 4

8時40分、舗装路終点の景色の良い所で一休み。鉄道車両を見たり、
イメージ 5

武甲山を見たり、あるいは暑いので衣類の調節をしたりしました。
イメージ 6

驚くのはこの高さでも集落があることです。ものすごく急な傾斜の道を登らなくては家にたどり着けないので、足腰が強くなるでしょうか、あるい車に頼ってしまうでしょうか。

害獣よけのネットのゲートを開けていよいよ「そちら」の世界へ足を踏み入れます。
イメージ 7

若者たちは傾斜の急な登りでもガンガン登っていき、顧問S先生は置いて行かれ気味です。がんばれがんばれ、家に帰れば冷えたビールが待っているぞ。
イメージ 8

こちらが若者たち。
イメージ 9

ここで林道を横切ります。この林道は見おぼえないなあ。奥武蔵グリーンラインは自転車で通っているので、分かるはずなのですが。ここじゃない所を通っているのでしょう。
イメージ 10

林道を越えたところで、写真を撮ってもらいました。ついこの間までオーバージャケットを着ていたというのに、もうこの軽装でも暑いくらいになりましたね。
イメージ 11

稜線を登りつめると地図では分岐になっていますが、現在は県民の森として整備されています。ここで10時丁度でした。資料館があるので覗いてみましょう。
イメージ 12

一体何を訴えたいのやら。光合成の説明があったり、木造住宅の工法の模型があったり。しかも無人です。センサーで照明が入る仕組みです。
イメージ 13

木の年輪がまだ独自性があって面白かったかな。この年輪が出来た時に何があった、と年表のように書いてありました。
イメージ 14

さて、頂上まではもうすぐです。もうひと頑張り!

あれ、肝心の部分が雨に流れて読めません。
イメージ 15

「人類」が「滅亡する」可能性があります。「○E○」して下さい。で間違っていないよね?

オジサンがバカなこと言っているうちに、10時33分丸山山頂へ到着です。
イメージ 16

それでは、昼食を作りましょう。メニューはうどんです。
イメージ 20

蒲鉾、ソーセージを入れて出汁を取り、さらに何食も食べて究極を求めたうどん出汁の素、ヒガシマルのうどんスープを投入します。配合はS先生と彼の息子さんだけが知る一子相伝の極秘事項です。
イメージ 17

出汁で関西風うどんを堪能したら、出汁をやや薄めてSBゴールデンカレーを溶いてカレーうどんにします。本来これがメニューでした。2つの味を楽しめるように配慮したということです。美味しかったですよ。10日にも食べ歩きでカレーうどんが予定されているのですが、これを越えられるかな?
イメージ 18

食べたら展望台へと上がってみましょう。あれ、結構傷みが出ていますね。早めの補修が必要でしょう。
イメージ 19

武甲山がよく見えました。残念ながら削られて痛々しい姿の方ですが。もやがかかっていますね。
イメージ 21

登頂記念に写真撮影を!
イメージ 22

11時50分、下山開始。
イメージ 23

S先生、下りは若者に負けずにものすごい勢いで下ります。あっという間にパラグライダー滑走路へ出ました。写真ではわかりにくいでしょうが、山の上に数機のパラグライダーが飛んでいました。朝霧高原でのやまさんさんを思い出しますね。
イメージ 24

結構急な傾斜の道をガンガン行きます。


イメージ 25

うっかり写真なんて撮影していると、置いて行かれそうだ!
イメージ 26

12時30分、沢との出会いで、1本入れました。若者はワイルドな水分補給と水遊び。
イメージ 35

人が住んでいた気配がする森です。竹が植えられていたり、石垣があったり。こんなものすごい所に住んでいたのだから、人間も大したものですね。電気水道なし、そりゃ暗闇になれば妖怪の1匹も出てきますよね。
イメージ 27

2本橋、ですが高度感は全くないので怖さは感じませんね。ただ、ここに来るまでに高度感のある崖で至る所に踏み抜きがあり、登山道の手入れの必要性を感じました。
イメージ 28

くねっと、ね。
イメージ 29

安永の文字が読めます。安永年間に作られた道祖神でしょうか。今調べてみたら、1772年から1780年に当たります。江戸時代中期ですね。
イメージ 30

ここが地図に載っている沢の渡渉点かな?
イメージ 31

車の走る音が聞こえてきました。そしてついに民家が見えてきました。
イメージ 32

養蜂しているようです。
イメージ 33

13時10分、下山しました。あとは舗装路を芦ヶ久保駅まで歩くだけです。
イメージ 34

見事な石垣ですね。どうやって作ったのでしょうか。手前の庭も石を組んで作られています。
イメージ 36

国道歩きはつまらないものですが、花が退屈しのぎを手伝ってくれました。
イメージ 37

13時30分、芦ヶ久保駅到着です。皆様、お疲れさまでした。また機会があれば、ご一緒させてください。
イメージ 40

帰路に立ち寄ったサイボクハムは大混雑!とても買い物する気分にはなりませんでした。
イメージ 41

狭山茶コーラには興味をひかれましたが、ま、今日は素通りでいいでしょう。
イメージ 42


帰り道も渋滞はなく、すいすい行けました。ただ、三芳SAの2輪駐車場は混雑していましたけどね。
イメージ 38

そうそう、頼まれていた物買って帰らなくっちゃ。ケーヨーD2へ立ち寄ってから帰りました。
イメージ 39

とても楽しい充実の登山が出来ました。皆様、部外者の受け入れありがとうございました。