フロントはETRTO406を451にしますが、こちらはリアに比べて面倒な作業が増えるのです。

まず、スポークを入手します。長さが分かっていれば、面倒なので買ってしまう所ですが、リムとハブが来てから計測して買うようではレースまでに間に合わない可能性が出てきます。そこで、ストックのホイールからスポークを頂くのです。
イメージ 1

スポークを緩めていき、外します。
イメージ 2

無事、スポーク入手成功。いや、28本しかないぞ!ああ、リアもばらさなきゃだめか。
イメージ 3

無印の駄物ではありますが、ステンレススポークである事には変わりなく、磨けばピカピカです。
イメージ 4

リムのERDと、リムの肉厚を計測します。
イメージ 5

ハブはPCD
イメージ 6

ご丁寧に左右でPCDが違いますね。
イメージ 7

さらにロックナット~フランジ面までの距離を測定します。そして、Sapimのスポークカリキュレーターに入力すると、左196.5mm、右198.5㎜と出ました。今回はこれで行きましょう。

本日はここまでに致します。