今日は風呂掃除を済ませてたら、即作業開始。9時頃でした。

ヘッドをばらしたままだったので、洗浄とグリスの詰め替えを行いました。玉当たりの調整は意外に面倒で、調整ボルトはステムを折りたたまないと出てこないのです。ステムを伸ばさないと玉当たりの具合は分かりにくいし。2~3回の調整でビシッと決まりましたけどね。
イメージ 1

リムのゴールドに合わせて、買って置いたゴールドのブレーキアウターケーブル。三菱JEEP J-53ゴールドブラック仕様にイメージを重ねてみました。
イメージ 2

ブレーキの片効きの調節はシングルピボットなので、13㎜ハブスパナで行います。この辺りはデュアルピポットから入った人にはないノウハウでしょう。俺も年取ったなあ。
イメージ 3

外していた部品を戻し、チェーン洗浄、給脂などを実施すれば、この形になりました。
イメージ 4

次は、これをステムに付けます。
イメージ 5

位置はなるべく下の方がいいかな。ステムの強度は十分ありそうですが、それでもこの長いステムですから、なるべく負担を減らしておきたいのです。
イメージ 6

リクセンカウルのクリックフィックスでトートバッグを付ければ、
イメージ 7

こんな感じに付きました。
イメージ 8

ついでにリクセンカウルのバッグも紹介しましょう。ここにポケットがあります。中には防水カバーが入っています。
イメージ 9
持ち手のホックを外して防水カバーのホックを留めます。
イメージ 10

こんな感じにできます。ひったくりの予防にもなるでしょう。
イメージ 11

輪行袋も付けてみました。
イメージ 12

それでは、試しに折りたたんでみましょう。まずはクリックフィックスのリリースボタンを押してトートバッグを外します。一瞬で取れます。
イメージ 13

シートポストを下げます。シートチューブの角をやすりで丸めておいたので、スムーズに下がります。
イメージ 14

軸のボタンを押して、ペダルを折りたたみます。
イメージ 15

ノブスターを回してステムを開放します。
イメージ 16

あれ、クリックフィックスが当たって畳めませんでした。もう少し上にするしかないなあ。
イメージ 18

クリックフィックスの金具を緩めて位置をずらしたら、いよいよメインフレームの折り畳みです。リリースレバーを押してから主レバーを引きます。
イメージ 17

出来た!
イメージ 19

輪行袋に入れてみます。
イメージ 20

やっぱり上が閉じないのは変な気がしますね。
イメージ 21

収納袋についていたストラップを回してみました。半分はこれで大丈夫そうです。
イメージ 22

ストラップは肩を入れられるし、重量も軽いので大変気楽に使えそうです。
イメージ 23

もう一度組み立ててクリックフィックスの位置の調節と、その後に試験走行をしました。サドルの傾きが私とは合わないので、調整します。シートピラーはどこかで見た形状ですね。NITTOUとあります。さすがはBS、日東の特注品を使っていたんですね。細かい部分を見ていくと、この自転車にはただならぬ愛情をそそいで開発したことが見えてきます。
イメージ 24

そして、すべての作業が終了しました。あとは工具類を片付けましょう。
イメージ 25

あ、ベルが出てきた、これつけたら本当の終了ですね。

マムタンさん、本当に良い物をありがとうございました。これからもこのブログでは時々顔を出すでしょう。ブログだけのつながりで、リアルでは見ず知らずの私へのお心遣い、感謝してもしきれないくらいです。

  • 顔アイコン
    こんにちは
    すばらしいですね。みんな自分でやってしまうんですね。
    好きこそものの上手なれといいますね。
    人まねしない生活スタイル、個性的で魅力あふれています。リッパ。
    究極の物欲主義、ひとは道具はなければまことにただの人ですね。
    これは「たのしい生活主義」というイデオロギーです。 削除
    a87427 ]
    2017/4/23(日) 午後 1:47
    返信する
  • 顔アイコン
    いよいよ完成しましたね!
    相変わらず器用な三毛ジャガーさんです。
    持ち運び便利な自転車です。どこへでも一緒に
    行けますね! 削除
    beat1 ]
    2017/4/23(日) 午後 6:50
    返信する
  • 顔アイコン
    > a87427さん
    人は道具がなければただの人、なるほどその通りです。道具を所有し、使いこなしてこその人間ですね。より人間になるべく、精進を重ねていきたいと思いました。ありがとうございます。 削除
    2017/4/23(日) 午後 9:26
    返信する
  • 顔アイコン
    > beat1さん
    器用ではないのですが、いい機械をいじっていればとりあえず幸せなのです。本当にいい時間を過ごせました。 削除
    2017/4/23(日) 午後 9:28
    返信する
  • 顔アイコン
    仕事やご家庭のことなどお忙しいでしょうに
    思いの外、早いレストア完成にビックリです。

    それに細かなパーツの解析も、とても勉強に
    なりました。パナのトレンクルを意識していた
    はずなので、BSとしても当時はこだわりが
    それなりに強かったのですね。

    見違えるようにリフレッシュしてもらえて
    トラ次郎(旧姓)も泣いて喜んでいるに
    違いありません。これからトラの
    生活に役立つ活躍ぶりをブログで
    拝見できるのを楽しみにしています。 削除
    2017/4/24(月) 午前 7:23
    返信する
  • 顔アイコン
    > マムタンさん
    トラ次郎、いい名前ですね。葛飾区に住む自転車には最適です。名前もいただきます。

    特注品の数々には驚くばかりでした。特にバテットスポークには心底驚きました。このような機械は触れているだけで開発陣の熱い思いが伝わってきます。 削除
    2017/4/24(月) 午前 7:29
    返信する
  • 顔アイコン
    ボクには分らない専門用語がたくさんありましたのでチンプンカンプンでしたが、できあがりを見て、結果には驚嘆しました。
    寅次郎が格好良すぎるので、町に買い物に出たときなど、妖しいやつに掠われないよう十分お気を付け下さい。 削除
    2017/4/28(金) 午後 11:24
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    分かりにくかったですね、ごめんなさい。お分かりにならなかったのは恐らく専門用語ではなく商品名だと思います。リクセンカウルは自転車のバッグ類のブランド、クリックフィックスはそのブランドのワンタッチ脱着機構です。 削除
    2017/4/29(土) 午後 10:34
    返信する