色々と家事をこなし、買い物などを終えた夕刻。スピードメーターの電池も入れ替え、その調子を見にまずはリカンベントで流してきました。

桜も終わりましたね。
イメージ 1

さっきまで雨がぱらついたのが嘘のようないい天気になりました。
イメージ 2

あまり人気のない道もあります。
イメージ 3

本当に人がいませんね。
イメージ 4

さて、帰ってきたらちょっとやりたいことがあるのです。まずはクランクを外します。
イメージ 5

最近あまり使わないコッタレス抜き工具を使いました。
イメージ 6

次は、通勤用小径車からクランクを抜いてギア板を外します。
イメージ 7

せっかくなので、普段手の入れにくい裏側を清掃しました。
イメージ 8

そう、リカンベントと小径車のクランクを入れ替えるのです。小径車に使われていたのはティアグラなのでそれほど軽量ではありませんが、それでもBBとセットで考えればそこそこな軽量化にはなるでしょう。

シャフトもせいそうしました。
イメージ 9


もちろんBBもね。
イメージ 10

BBをねじ込みます。
イメージ 11

ギア板を付け替えました。
イメージ 12

クランクの締め付けは一応、トルクレンチで。ちなみに12~15N・mです。私の持っているトルクレンチの最大値が12N・mですので、ぎりぎりですね。何回も裏返しながら、均等に締め付けていきました。片方を締め付けると、反対側はゆるくなっているからです。
イメージ 13

クランクを交換したら、ギアの位置が内側に入り込みました。チェーンウォッチャーの位置を調節します。
イメージ 14

そしてFDも。
イメージ 15

もう一つこの高くスペーサーをかましたコラムもカットしましょう。わずかながらの軽量化と、ハンドリングの適正化をねらいます。
イメージ 16

パイプカッターで切断しました。
イメージ 17

さらに、スライド式ステムのインナーパイプも必要な長さを十分に残して切断しました。
イメージ 18

コラムスペーサーは20㎜一つ分まで減らしました。
イメージ 19

切断したパイプ類で155g、クランクもBBとセットでは確実に軽量になっているので、費用が発生しない中ではいい方でしょう。あと、もう1カ所いじりたいところがあるなあ。