2月3日に山のmochiさんに同伴していただいた奥日光戦場ヶ原スノーハイクですが、それは今日の為の下見だったのです。

今日は本番、職員山岳部の奥日光スノーハイク!

メンバーは女性3名で構成された職員山岳部、彼女らは富士山、燕岳、常念岳と夏山に足跡を残してきているのですが、冬山は全くの初めてだということです。それなら、私がご案内しましょう。ようこそ、冬の世界へ!!

5時30分、会社駐車場に集合しました。6時30分、羽生PAで朝食。そして8時45分、三本松茶屋到着です。首は取り外しておきました。顔はもったいないので見せませんよ!会社を代表する美女ぞろいです。
イメージ 10


職員山岳部は三本松茶屋でスノーシューをレンタルしてきました。
イメージ 1

予定では準備に時間をとられることを考慮し、10時出発と計画していました。しかしさすがは歴戦の強者ぞろい、あっという間に準備完了、9時30分には出発準備完了してしまいました。

雪原を行きます。ふかふかの雪の上に浮力を感じながら歩くのは楽しいのですが、想像以上にいい運動になります。さてバテないうちに帰ってこれるでしょうか?
イメージ 2

雪は4日前からさらに深く降り積もっていました。そしてさらに降り積もっていくのです。
イメージ 3

今回は4日前と逆コース、光徳入り口をまずは目指します。
イメージ 4

風が強く、地吹雪になることがあります。今日も樹林からは出ない方がよさそうです。泉門池方面をあきらめ、前回の逆コースを行きましょう。
イメージ 5


10時3分、光徳入り口到着。まだ30分しかたっていません。歩行速度は結構速いのです。山のmochiさんと同程度でしょう。先へ行って前から写真を撮りたいのですが、なかなかできません。
イメージ 6

あ、川に鴨が泳いでいるぞ!しかし、写真を撮りに行くと飛んで逃げてしまいました。
イメージ 7

気温は-10度くらいになっていたでしょう。歩いているとそれほど寒くは感じませんでしたけどね。

現在時刻を確認すると、10時20分。ちょっと昼に早いかな?出発が30分早まっているからね。どうしようかなあ。
イメージ 8

光徳沼のほとりに到着。時刻は10時27分。まあいいや、今から食事の用意をして、11時から食べ始めましょう。まだまだ余裕の職員山岳部。
イメージ 9

雪の円卓が用意されていたので、スコップで積もった雪を払い氷テーブルにして調理開始。
イメージ 11

メニューは、カレーライスと福神付け
イメージ 13

ぜんざい、ちょっと焦げ付きのもち入り。SOTO MUKAは弱火が利かないのでもちを焼くのは無理がありましたね。
イメージ 14

さあ食べましょう!
イメージ 12

三毛さん、カレー美味しいです!

いやそれ、お湯を入れて1分かき混ぜたらできるフリーズドライのカレーだから。
イメージ 15

食後にカフェラテを楽しみました。片付けてパッキングをします。これも想像以上に早い!そして11時38分、出発します。

ふかふか新雪のラッセルも元気いっぱい、どんどん進みます。
イメージ 16

光徳牧場が見えてきました。
イメージ 17

さすがに沈み込みが多くなっています。足を上げなければいけないスノーシューはやはり、ツアースキーより疲労するでしょうね。足を持ち上げずに進めるスキーは本当に楽です。
イメージ 18

牧場は吹雪になっていました。景色は開けません。
イメージ 19

もうじきアストリアホテル前に出ますよ。
イメージ 20

アストリアホテルが見えてきました。大きいホテルですね。ここに宿泊、クロスカントリースキー三昧というのも楽しいでしょうね。
イメージ 21

雪は降る量を増やしてきました。どんどん積もっていきます。
イメージ 22

山の陰、樹林の中なので風はあまり感じませんが、それでも時々冷たい風が顔を痛めていきます。それでもペースが落ちないのは、トイレに行きたかったからでしょうか?
イメージ 23

ここで帰路の半分くらいでしょうか、ずいぶんいいペースですね。
イメージ 24

歩行ペースが落ち、おしゃべりが途絶えたらバテていることを示します。疲労は凍死につながる危険な兆候です。注意深くパーティーのメンバーの動向を観察しますが、ペースもおしゃべりも緩む気配はまったくありません。このメンバーなら、もう少しレベルの高い山行にしてもよかったかな?
イメージ 25

さあ、もうひと踏ん張りですよ!
イメージ 26

除雪した雪の塊を過ぎました。三本松の駐車場の除雪で出た雪です。帰ってきた感じがしますね。
イメージ 27

朝に付けた私たちのトレースは積もった雪で不鮮明になっていました。再びラッセルします。
イメージ 28

前方の丘を越えれば、ゴールです。
イメージ 29

その丘の上で!
イメージ 30

12時35分、ゴール!
イメージ 31

車の外気温計はマイナス7度、この後すぐにマイナス8度になりました。そして風が強い!樹林の中がどれだけ快適だったか思い知らされました。無理せず雪原へ出ないでよかったのでしょう。
イメージ 32

帰りに竜頭の滝を見に行きました。
イメージ 33

イメージ 34

4日前より氷っている部分が多くなっているようです。
イメージ 35

そして、スノードライブを楽しみます。時々地吹雪で視界が失われるので、ペースはゆっくりですけどね。
イメージ 36

下見の時と同じくやしおの湯へ立ち寄りました。行く前に配布した今回のツアーのしおりに、やしおの湯の記述を見て、皆様は「埼玉県八潮市」にあると誤解されていたそうです。紛らわしいのですが、清滝にあるこちらがもちろん、正解です。
イメージ 37

やしお湯の中は撮影禁止ですが、なかなかに良い湯です。サウナもあってゆっくりとくつろぎました。
イメージ 38

帰りも羽生PAに立ち寄り、同僚へのお土産を買いました。
イメージ 39

会社駐車場へは予定より1時間以上早い17時48分頃到着でした。参加された皆様、お疲れ様でした。お留守番の皆様、お仕事お疲れさまでした。明日は働きますよ~。

そして山のmochiさん、おかげさまで大変にスムーズなスノーハイク進行ができました。こころより感謝しています。

  • 顔アイコン
    遊びまくってるね、良いことだ。。。人生は自由に生きるのが良いよね、、 削除
    2017/2/7(火) 午後 11:08
    返信する
  • 顔アイコン
    こんにちは
    本番も無事済んでよかったですね。
    この中から冬山の魅力に取りつかれてしまう人が出ないように祈ってます。 削除
    a87427 ]
    2017/2/8(水) 午前 8:40
    返信する
  • 顔アイコン
    松戸では1日強い北風でしたから、本番がどんなふうだったか、気になっていました。
    同僚の皆さん、喜んで下さったでしょう。 削除
    2017/2/8(水) 午前 9:12
    返信する
  • 顔アイコン
    > ファントムさん
    いやいや、これも仕事の一部です。同僚との人間関係構築のため、メンバー全員が身銭を切って貴重な休みを使って参加しているのです。

    楽しかったですけどね。 削除
    2017/2/8(水) 午後 9:24
    返信する
  • 顔アイコン
    > a87427さん
    手遅れっぽいです! 削除
    2017/2/8(水) 午後 9:24
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    風は時折強く吹きましたが、3日よりはまだましでした。それでもやはり、樹林が薄くて山陰のない湿原の方へは行く気になりませんでした。

    実はこれで3回目の挑戦で、すべて湿原へは行けていません。一回目は「ザックを家に忘れて」が原因でした。 削除
    2017/2/8(水) 午後 9:28
    返信する
  • 顔アイコン
    > 三毛ジャガーさん
    「ザックを家に忘れて」、案外ありそうなことです。電車の網棚に於いたカバンを、、、あたりと似たレベル。でも周到なあなたなので珍しいことですね。
    ボクは山ではたいてい何かやらかします。一番軽傷で回数が多いのはカメラのレンズキャップ。カメラ本体を山中で置き忘れたことは3回。さすがに山だと思うことは全部回収できたこと。腕時計も数回、ボクは山で腕から外すから悪いわけですが昔一度は少し気に入っていたのを回収できず、現場は上高地。そうそう、つい先日オートバイツーリング中のタンクバックから抜け落ち回収できなかったたことと、両神山ではあめ玉付きで戻ってきたこと、ブログに書いたばかりでしたね。 削除
    2017/2/9(木) 午前 9:50
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    用意周到でありたいといつも思って行動しています。しかし、必ず穴があるんです。ザックという大穴はこの時が最初で、それ以降まだありませんが。 削除
    2017/2/9(木) 午後 11:18
    返信する
  • 顔アイコン
    女性のエスコートに下見とは..........ヮ(゚д゚)ォ!
    流石バブル前の若者!女性のサポートに余念が無いね。 削除
    2017/2/13(月) 午後 6:20
    返信する
  • 顔アイコン
    > くまそんさん
    バブル前じゃないです~。まさにバブル時代に若者です~!ぷんぷん。 削除
    2017/2/13(月) 午後 9:07
    返信する