会社の後輩、S君は現在普通自動二輪免許取得の為に教習所に通っています。免許をとったら乗りたい車があるというのです。それが、スズキのGSR250です。私もCB250Fを買う時にうっすら候補の一つとして取り上げていました。滑らかなパラツインと大柄な車体、乗り心地の良いサスやシートがとても魅力的だったのですが、ちょっと重い部分が気になりました。初めて買うモーターサイクルだったので、やはり取り回しのよさそうな方を選んでしまいました。買うと決めている販売店がウイング店というのが一番の決め手ではありましたけどね。

さて、そのS君、GSR250のどこに魅かれているのかと尋ねれば、なんと!トリトンブルーの色が決め手なのだそうです。それとライトの形がかっこいいと。うーん、新人類だ。とてもついていけない感覚です。色で車両選ぶなんて、メカフェチ気味の私には到底考えの及ばない選択方法です。

GSR250か、まあ独身貴族だからなあ。いきなりキャッシュでぽん!だろうな。それもいいか。でもまてまて、無駄にお金を使うことを覚えさせてはいけないぞ。もう少し安くあげられない物か。

そこへ登場のこの車両、どうだまいったか、スズキのトリトンブルーだぜ!

※写真はスズキのサイトから頂きました。
イメージ 1

ジクサー150です。排気量はその名も示す通りの154ml、大柄に見えるけど車重はなんと!135㎏しかありません。そして若者には大事な価格、これが316,440円とバーゲンプライスではありませんか。

マフラーがこの造形!おい、俺のCB250Fよりカッコいいのはなんでだよ。
イメージ 2

メーターは豪華絢爛なこの状態。タコメーターはバーグラフ式で、アナログでないのは残念ですが、CB250Fにもないギアポジションインジケーターが付いているのです。それに燃料計に半分の位置が分かるように工夫されています。正直、負けた、という感じがします。
イメージ 3

フロントフォークはインナーチューブ径が41㎜と、極太です。調べてみてビックリ、86~88年式GSX-R1100と同じではないですか。155ccにこんな贅沢して、いいのか?
イメージ 4

センタースタンドが付いているので荷物積載やチェーンメンテなどが簡単にできますね。
イメージ 5

エンジンはSEPということですが、小排気量空冷単気筒ですから、あまり高速で無理はできないかと思いきや、サーキットの走行動画を見る限りこれがなかなかにやるようです。燃費もいいでしょうね。

大型自動2輪免許取って、2台持ちするようになったら1台はこれにするかなあ。きっとその頃にはS君は400へステップアップ、要らなくなったこれをもらえるような気がするのですが。え、息子の様な後輩からもらうこと考えちゃダメ?そうだよなあ~。