8㎜ビデオカメラももうほぼ絶滅している現在、このようなものが存在していたことを知る人は少なくなってきているでしょうか。今日のブログネタは、8㎜フィルムカメラです。
イメージ 1

タイトルにある通り、フジカ シングルエイトP2です。
イメージ 2

折りたたんだ持ち手を下げ、このように握ります。人差し指のトリガーを引けば、撮影開始です。
イメージ 3

上は測距ようでしょうか、下は撮影兼ファインダーレンズです。撮影レンズはフジノン、F1.8と明るめのレンズが奢られています。焦点距離は11.5㎜でしょうか、ファインダーを覗いてみる限りでは標準レンズに相当するようです。撮影レンズ(正しくは、おそらくレンズバリヤー)の中にファインダー用と思われる小さなレンズがあります。レンズキャップの外し忘れ予防のためにこうした構成なのでしょうか?
イメージ 4

ファインダーをのぞくと、左に赤い半透明の三角の突起が出ています。
イメージ 5

さて、フィルムマガジンを入れてみましょう。矢印の方向へスライドさせると、ボンネットが開きます。
イメージ 6

ここへ8㎜フィルムのマガジンを装着します。
イメージ 7

ただ突っ込むだけではいけません。ここのガイドにフィルムのリーダーを突っ込まなければいけないのです。
イメージ 8

電池はダイジョブか?大丈夫、専用電池なんて野暮な物は使わず、普通の単3電池2本で駆動できます。
イメージ 9

レンズにマニュアルピント調節機構がありません。しかし、ここに測距計があります。オートフォーカスだったのでしょう。
イメージ 10

私が高校生時代には、8㎜フィルムカメラがまだ現役で使われていました。合宿に持っていって撮影をしました。そして帰ってから編集して、文化祭でひと教室借りて上映しました。サイレントだったので、カセットテープに音楽とセリフを入れて、せーのでスタートさせるという荒業でした。

撮影してから、写真屋さんへ現像に出し、編集も切って貼って、しかも小さなフィルムをのぞきながらだったのでかなり大変な作業でした。さらに、上映するには映写機が必要になるという大掛かりな設備投資が必要だったのです。ビデオカメラの登場であっという間に駆逐されてしまいました。

このカメラは、実は社会人になってから手に入れたものです。しかし、1回も撮影したことはありません。もうフィルム自体が入手困難になってきていました。

もう今となっては、8㎜フィルムは手に入らないだろうなあ。あったとしても、映写機までそろえるのは大変だし、撮影することはないでしょう。でも、なんとなく捨てられないで手元にあるのです。