今日は昨日の続き、作った間仕切り壁に壁紙を貼っていきます。まずはホームセンターでお買い物。買ってきたのは、壁紙貼り5点セット、壁用パテ、壁紙糊のアミノール、それにローラー刷毛の水性接着剤用です。

これが5点セットです。
イメージ 25


子供寝室との通路はカーテンを垂らすのですが、その上の部分に垂れ壁をつけます。
イメージ 1

ここから妻と作業分担。サイズに壁紙を切ってもらっている間、パテで凸凹を均します。
イメージ 2
イメージ 3

パテには25mlの水を入れて、1分ほどこねます。
イメージ 4

なかなか思うように混ざりません。説明書のに記載のような、手でもむだけではうまくいかないようです。何か棒でかき回した方がよさそうです。
イメージ 5

ネジなどの凹みにつけていきます。
イメージ 6

壁紙の切り出しが終わった妻は、アミノールの水溶きを始めます。
イメージ 7

私もちょっとお手伝い。
イメージ 8

なかなか水となじまずに、結構時間がかかりました。
イメージ 9

何とかここまで溶きました。
イメージ 13

パテ補修はネジの頭や傷、つなぎ目などへ入れていきます。その後はスクレーパーで削って平らにならします。
イメージ 10

妻の方はいよいよ糊の塗布です。ローラー刷毛はなかなか使いやすかったですよ。
イメージ 11

塗布し終わったら、接着面同士をくっつけて10分休ませます。
イメージ 12

さあ、いよいよ壁へ貼っていきましょう。
イメージ 14

ブラシで空気を抜きながら貼っていきます。
イメージ 15

3枚貼り終えました。
イメージ 16

ステンレスのカッターガイドを使ってカッターで余分な部分を切っていきます。
イメージ 17

今一つ真っすぐでないですね。でもそれほど目立たないかなあ。
イメージ 18

重なりの部分も切っていきます。
イメージ 19

遠目にはつなぎ目が分からないくらいまでうまくできました。2か所目からは、ですが。
イメージ 20

ローラーでしっかりと圧着させます。それでも剥がれてきてしまったので、糊を刷毛で追加して塗布しました。裏がベニヤ板なので、水分を吸収してしまうのでたくさん糊を必要とするのかもしれません。
イメージ 21

こんなかんじです。下の継ぎ目は最初の作業、上の継ぎ目は2回目の作業です。やはり経験を積まないと上手くできないということですね。
イメージ 22

こちらも貼りました。貼ったら、カーテンレールを取り付けました。
イメージ 23

最後に、タンスの上部に突っ張り棒を再セットすれば完了です。突っ張り棒の後ろ、段差を壁紙に癖がつかず、どうしてもうまく張れませんでした。違う接着剤使うしかないかなあ。剥がせなくなってもそう困らないでしょうからね。
イメージ 24

一番左の壁の前にPC台をセットし、今そこへ向かってブログを記入しています。この程度の工作でも、カーテンの向こうとこっちではずいぶん室温が違います。暖房費の節約になることは間違いなさそうです。