本日、山のmochi様にお越しいただきました。ご注文いただいているST250専用防水サイドバッグ制作の為、採寸する為です。全くの私の趣味にお付き合いいただいているというのに、申し訳ございません。

まずは私のデグナーサイドバッグをつけてみます。サスのコイルが当たりますね。これをどう処理しましょうか。
イメージ 1

こんな感じかなあ。オーナーのご希望もあり、私のバッグより、やや小ぶりにして、さらにサスに当たりそうな部分を削ってみました。
イメージ 5
11月3日にツインリンクもてぎの耐久レースがあるので、それが終わったら作業開始しましょう。山のmochi様、もうしばらく作業開始もお待ちください。

せっかくお越しいただいて採寸だけではあまりにも申し訳ないし、バッテリーコンディショニングの時間ももっと欲しいので、チェーン洗浄と給脂、それとクラッチワイヤーの潤滑をいたしました。

チェーンメンテの為に、後輪を浮かせました。フロントブレーキレバーを紐で引いて効かせたままにして、クロスフレームに手袋をあてがったパンタジャッキをかませて右側を持ち上げてやれば簡単に後輪をフリーにできました。
イメージ 2

チェーンはチェーンクリーナーとチェーンブラシで清掃するのがセオリーですが、あれれ、なぜかチェーンブラシが見当たりません。あれ、どうしちゃったかなあ。そこで、だめになっていた塗装用の刷毛でチェーンの清掃をしました。
イメージ 3

腰がない刷毛でも、やったところとそうでない所は一目瞭然です。この後、チェーンに給脂しました。
イメージ 4

クラッチワイヤーはワイヤーインジェクターを使用しました。作業前でも十分に潤滑されているようでしたが、やはり多少は動きが軽くなったように感じました。

その後家におあがりいただきました。お土産として頂いたのは、なんと白砂山で撮影した写真の紙焼きです。ご自分でお調べになった、遠景の山の名前のメモが添えられていました。実際には手書きのイラストとメモでいただきました。下の写真は私がペイントでスキャンした画像に落書きをしたものです。
イメージ 6

私の写真もいただきました。
イメージ 7

本当に、ありがとうございました。お帰りになってから、道具を出したついでに自分のCB250Fのチェーン給脂とワックスがけをやりました。機械いじりの楽しさは格別ですね。山のmochi様、大切な愛車を触らせていただき、感謝しています。