タンデム用に買ったコミネのヘルメット、HK-168PLUTO-Xですが、せっかく買ったので自分でも使ってみました。普段アライのMサイズを被る私には、コミネのXLは大きすぎるので、被り物をして調節しました。

使ってみると、いくつか気になる点がありました。その一つがシールドの上と横から風が漏れてくるという点です。シールドと本体パッキンにどうやら隙間があるようなので、シールドベースの取り付け位置を調節してみました。

まずはシールドを外します。外し方は以下の通りです。
※写真では、わかりやすいようにすでにシールドを外してあります。

シールドを全開にして、下の上向き矢印にあるポッチを押してロックを解除し、押したまま留め具を白→の方向へ動かします。
イメージ 1

そうすると、シールドのピポットの下の部分が開きます。下の写真、矢印の指し示す部分です。左右ともこの状態にして、シールドのピポットの下側を外し、下の方へずらすようにすれば外れます。
イメージ 2

はめる時には、シールドが全開する位置にして上側のピポットの爪をシールドベースにはめ、下側を入れたら、留め具を後ろへ動かし、ポッチがパチン!と固定すれば完了です。

シールドベースは片側を2本のプラネジで固定しています。これを3番ドライバーで緩めれば自由に動きます。適当なところで固定し、シールドをはめれば完成です。
イメージ 3

簡単簡単、シールドを降ろしてみれば、この通りしっかりと、、、、。いや、近すぎた、閉まらなくなっちゃった。それではまたシールドを外して、中間ぐらいにしてまた固定。シールドをはめて、様子を見ます。あれ、まだきついや。試すこと数回、ようやくまともになってきました。

これ、何やいいやり方があるのでしょうか?シールドを外さないとシールドベースの取り付け位置を調節できないのは不便ですね。

さて、次はインターコムの取付です。暫定的に入れていたのですが、耳が大きい私はスピーカーが当たってしまって不快でした。そこで、スピーカーのカバーをとってガムテープで固定しました。ガムテープにははんだごてで穴を開けて音抜けをよくしてみました。こんな感じにセットしました。
イメージ 4

右側もこんな感じで納めました。
イメージ 9
インターコム本体の金具もばっちりつけられます。
イメージ 5

夕方から、ヘルメットの改良を試しにひと乗りしてきました。行先は数件のリサイクルショップです。ちょっと探し物があったのです。
イメージ 6

あれ、DT125がありますね。これの前のモデルでしょうが、北の国からで岩城滉一が乗っていましたね。
イメージ 7


さて、調整してから走ってみた感じはどうだったでしょうか。

まず、被り心地から。私には大きすぎるのですが、被り物で調節したので問題はなかったです。頬の部分がやや狭く、広げ気味に被った方が耳を傷めなくていいのですが、やはり被ってしまえばしっかりとしたホールドに安心感を覚えます。

OGKのオープンフェースと似たような被り心地に感じました。重量は軽く、首への負担は少ないでしょう。

視界は抜群に広いです。アライのクアンタムJはもちろん、OGK ASAGIより左右の視界は広く、開放感があります。シールドが新品で傷なしというのも気持ちが良い視界に寄与していますが、それを抜きにしても非常に良好な視界であると言えると思います。ノーヘルの視界に準じていると思って間違いないでしょう。

走り出してしばらくは、上からの風の巻き込みというか、漏れが格段に少なくなって快適になりました。やはりシールドの当たりの調節はした方がいいようです。しかし、速度を上げてメーター読みで60㎞あたりからシールド下側から風の巻き上げ量が多くなり、夏は快適でしょうが、これからの季節には何らかの対策を必要とするでしょう。マスクを使うといいかもしれません。

さらに速度を上げると、風切音というのか、巻き込み音というのか、そのあたりはまだわかりませんが、やや大きめの音がします。インターコムで聞いていたラジオの音がかき消えてしまい、ほとんどなにを言っているのかわからなくなってしまいました。もちろんスピーカーは耳に対して正対する位置につけてあるし、50㎞/hで走行中にははっきりと聞き取れる音量にしておいて、です。この部分がこのヘルメットの弱点でしょうか。

エアインテーク前後を開けてみましたが、思ったほどは風の流通を感じませんでした。穴が小さすぎるのでしょうね。もっとも、良くも悪くもシールド内側に巻き込み風が入るのでこの程度でも十分換気するようです。

これで長距離ツーリングは視界が広くて重量が軽く、とても気持ちよく走れそうですが、高速走行と寒冷期には音と風の巻き込みで難渋するでしょうね。残念ながら使いどころを選ぶヘルメットであると言えると思います。タンデム用としてはまずまずでしょう。ライダーの風裏に入れるし、視界の広さは前を見にくくなる状況で大きな利を与えてくれるでしょう。

やはり、万能に使えるのはフルフェースでしょうね。あと、内装が外せて洗えるのはこの価格帯としては良心的ですね。

帽体はもしかして、各サイズ共通かな?そうならば、内装セットMサイズを買えば私に丁度良くなるかな?
イメージ 8

勝手なことばかり書きましたが、お使いの方、いや違うよ、そうじゃないんだよ、なんてご意見があればコメント欄に下さい。