コンパクトデジカメの更新を断念し、レンズバリアーをガラスコンパウンドで磨いた件は以前書きました。それでは早速試写を、と思ったらなんと!バッテリーが4本ともダウンしています。バッテリーには番号を振ってあるのですが、2~4番は充電しても2秒程度で電池切れ、1番は電池自体が膨らんでしまい、カメラ本体に入れられなくなっていました。

やはり安い互換バッテリーは寿命が短いですね。買ってちょうど1年でした。付属バッテリーは紛失してしまっているし、途方にくれました。

じゃあ、買う?どっちを????互換か純正か。バッテリーなら山行1日に1本使うとして、4本は必要です。互換なら2本1セットで1000円しないので4本買っても大丈夫、しかし品質がなあ。しかし、純正4本買うとほぼ同じ金額で単三電池が使えるコダックのカメラが買えてしまいます。

ネットで検索する事数分。この手があるな。そしてポチっとやった次の日、早速到着しました。

純正バッテリー2本と、バッテリー充電器と互換バッテリーのセットです。この充電器は純正品がAC電源専用機なのに対して、USB電源から充電することができるのです。これなら、山中でもモバイルバッテリーから充電する事が出来ます。
イメージ 1

早速モバイルバッテリーから充電してみました。充電器の作りは何ですね。○○用、となっていますが、バッテリーを留める爪の位置を変えて何種類ものバッテリーに対応させているようです。
イメージ 2

これで試写もできますね。近々に何か撮影してレンズバリア磨きの効果を確認してきたいと思います。これでもだめならいよいよ更新か、するとバッテリーも買っちゃたし、WG-5にするかな?