彼岸です。まずは墓参りから一日は始まりました。こちらは本堂の再建現場です。3.11の震災で破損してしまった本堂が、ようやく再建されることになりました。なかなか予算的に厳しく、大々的な寄付を募ってようやくここまで漕ぎつけました。本当の宗教施設は金銭的に厳しいことがほとんどなのです。潤沢なのは何かがおかしいと思った方がいいでしょう。鉄骨、鉄筋での再建も検討していたようですが、やはりより長期間使えるのは木造とのこと、予算的には一番かかってしまうようですが、無事に木造建築に落ち着きました。
イメージ 1

その次は、妻のリクエストで三郷のファーマーズへ行きました。春を感じさせるように、たくさんの花が咲いていました。
イメージ 2

昼食後は、買ってきた花を使って寄せ植えをしました。
イメージ 3

その間、私は自転車のブレーキブロック交換をしました。前ブレーキは普通のカンティレバーブレーキなのでただ交換するだけですが、リアは東京ブレーキのクロスボーカンティなのでそう簡単には行きませんでした。
イメージ 5

写真を見ていただければシューの固定が分かると思いますが、ボルトの長さに敏感で、長すぎても短すぎてもダメなのです。ボルトを切ったり、ワッシャをかませて微妙に調整してあります。今回買ってきたシューは、あ、ネジが細い!
イメージ 6

しかも、首長のナットがブレーキ本体にはまりません。これはしくじった、合わないの買っちゃったなあ。
イメージ 7

前に比べて減りが穏やかな後ろブレーキですから、もう少し今までの使っておきましょう。
イメージ 4

ちなみに前のブロックはこんな感じになってしまっていました。
イメージ 8

次はモーターサイクルのチェーン洗浄と給脂をしました。センタースタンドがないCB250Fですから、移動しながらでなければチェーン全部を掃除できません。でも今回で3回目、要領はわかってきました。チェーンクリーナーを吹いてウエスで拭き取り、チェーンルブを吹きます。そうしたら車両を前進させ、次の部分に実施します。

チェーンの張り調整をショップでしてもらってから1200㎞ほど走っています。たるみを計測すると、30㎜ほどありました。上限ですね。チェーンの張り調整もやっておきましょう。

イメージ 9

ボルトの頭は19㎜、
イメージ 10

ナットは24㎜でした。
イメージ 11

手前の12㎜ナットを緩め、14㎜ナットでチェーン引きを調整します。
イメージ 12

チェーンのたるみは22㎜位にしました。これでしばらくは大丈夫でしょう。

まだちょっと時間があるな。あれ、こんなところにボール紙があるぞ。はさみでチョキチョキ。
イメージ 13

もう少し小さくてもいいかな?
イメージ 14

熱帯魚を飼育していた時に使ったアクリル板のあまりがあります。え、あるんだ。あるの?ありますよ。あるんだろうね。あるさ。あるある。

でもやめとけよな、俺!
イメージ 15