山のMochi師匠、雨の中STでお越しくださいました。

まずはお茶でも、とはいかず、びしょ濡れの合羽だけ御脱ぎ頂いたら即、作業開始です。

まずはシートを外し、燃料コックを閉じます。そしてクランプを緩め、燃料チューブを抜きます。
イメージ 1

タンクは1本のねじで固定されているだけですから、全く簡単に取ることができます。
イメージ 2
イメージ 3


タンクの下にある、イグニッションコイルに刺さっている平潟端子を抜き、Y字に作った分岐ケーブルでパルス信号を引き出します。
イメージ 4

ヘッドライトを外し、ここからACC電源を「ドロボウ」します。オレンジの線だそうですが、どれがいいかな。
イメージ 5

私のCBで失敗しているので、万全を期すために縫い針をケーブルにさしてイグニッションをオンオフ、テスターで確認します。うん、大丈夫。エレクトロタップでドロボウします。
イメージ 6

アースは何カ所かテスターを当ててみたのですが、どうもうまく取れません。どうせ時計用の常時電源も必要なので、バッテリーまで引っ張ってしまうことにしました。

電気はこれでほぼ終了です。次は最難関と思われたメーターの取り付けをします。メーターパネルの固定ネジを裏から外します。ブレーキホースやケーブルがあるので、ナットを外すにはユニバーサルジョイントが必要でした。
イメージ 12

そのまま付属のV字金具を使うとブレーキホースと干渉します。オーナーからはメーターの面あわせはせず、むしろスピードメーターより上にしてほしい、とご希望有でした。それなら話は簡単、段差をつければよいのです。

いろいろと検討して工作開始。
イメージ 13




結構な力技で加工していきます。
イメージ 7
イメージ 8

こんな感じに作りました。これを車両へ付け、メーターが正面を向くように再度穴を開けなおしました。
イメージ 9

それでは、カプラーをヘッドライトケースの中で接合します。え、カプラーヘッドライトの通線穴を入らないぞ!仕方がありません。もう一度通線のやり直し、今度はタンク下にカプラーを持ってきました。

何で確認してからやらなかったんだろう、うーん寒い中、師匠、申し訳ございません!
イメージ 10

後はバッテリーターミナルへ接続します。が、ここもメーター付属のターミナルががばがばで、そのままでは外れてしまいそうです。プライヤーで形を整えて何とか接続しました。

メーターはつきました。そして、ケーブルもつなぎ終えました。すべてが完璧です!
イメージ 11

タンクを乗せ、燃料チューブ接合。各部点検、異常なし!

イグニッションオン!タコメーターのバックライトが光ります。そして、メーターの針は一旦フルスケールまで振り切り、また0に戻ります。

クラッチレバーを握って、スターターボタンプッシュ!ギュルンと一回りして火が入る4ストローク自然空冷250㏄。再度メーターはフルスケールへ、そして0を指したままピクリとも動きません。

思わず「Why Japanese people!」と叫びそうになりますが、厚切りジェイソンではないので控えました。

仕方がありません。今度は違うアプローチを試みます。プラグコードへの巻き付けをしてみました。再びイグニッションオン。

、、、、、、。何も変わりませんね。

Y字線は私の自作なので、断線を疑いテスターを当てますが、異常なし。製品付属のケーブルもカプラーまでは断線なし。

プラグコードの巻き付けを変えたりしてみましたが、やはり動きません。何回もタンク付け外ししているうちに燃料コック締め忘れてガソリンを多量にこぼしたりしてしまいました。もう限界ですね。

と言うことで、本日はここまで、次回までにメーターのメーカーであるデイトナや、有識者にお尋ねして解決の処方箋をもらおうと思っています。

皆様にお願い!

ST250のパルス取り出しに良いお考えを下さい!

山のMochi様、本日は雨の中お越しいただいたのに、このような結果になり大変申し訳ございませんでした。また、メーターの箱と保証書はこちらにありました。保管しております。次回お会いする時にお渡しいたします。

追記:タコメーター(レヴカウンター)動きました。3月2日の以下の記事です。

前日の準備

2回目の作業当日


  • 顔アイコン
    今日は公休日午後を、愛馬ロシナンテ2号のためにお時間いただき、ありがとうございました。
    電気系統や金属加工の工具と小物類を必要なだけ揃えているガレージをお持ちですね。うちで自分でやろうなんて思わなかったのは正しい判断でした。
    着々作業をすすめてくださったのに、最後に、なんでイグニッションコイルからのパルスが出てきてくれなかったんでしょうね? 僕も狐につままれた思いでした。
    雨の夜道を帰るとき、メーターと時計がきれいに輝いて美しかったので「完成までただの一手」なんです。メーターがプルンと動くだけ。
    この道に詳しいどなた様か、よい知恵をお授けくださいまし。 削除
    2015/2/26(木) 午後 10:40
    返信する

  • 2st車だとプラグコードに巻き付けるだけで良かったんだけどなあ。最後に触ったの何年前だ?照明がLEDになる前の型だからかなり昔。

    で、当時の事は全然覚えてない(そもそもトラブルが起きなかった)のでググってみたらこんなのがあった。
    http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12107227342
    電源の取り出し方が問題みたい。 削除
    九太郎 ]
    2015/2/27(金) 午前 0:41
    返信する

  • 顔アイコン
    昨日は、お父様から甘酒、お母様からピーナツいただきました。早速、ゆうべ晩酌でピーナツをつまみに寛がせていただきました。甘酒もいつものようにおいしく頂きます。ありがとうございました。

    さて、タコの件、当たっているかはさておき? ネットで3点気付きました。
    ・ イグニッションコイルからのパルス取り出しが、白線では効かず、黒線接続で成功、と2人が。
    感度調整は1P-1rのようです(うちの1人)が、全く別の人で、切り替えても変わらない、と書く人もあり。
    どちらもバイクはグラストラッカーでしたが、、、

    ・ST車で、メーターは別会社ですが、プラグ線のプラグ直近被覆がとぎれた部分に5回巻き。ICの並列ではうまくいかなかった、そうです。

    ・タイのヤマハ製SARK135 水冷単気筒4st、135cc、キャブ式ですが、プラグコードまき付け方向を逆(みぎ向き)にして、巻き数を増やして○、とのこと。

    * あっさり動いたように書く人が多いようですね。
    * 勝手にいじらず、ご連絡をお待ちします。 削除
    内緒 
    2015/2/27(金) 午後 0:21
    返信する

  • 顔アイコン
    DC,USBソケットを、のご提案、お願いします。
    3日の都合、やはり、午前中は病院があるので、午後の早めにお伺いさせてください。
    動くことを念じています。 削除
    内緒 
    2015/2/28(土) 午後 9:44
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    本当に力不足で申し訳ございませんでした。タコメーターは最初の愛車、スターレットと、それを配車にした後人にあげてその車に付けたことがあるのですが、どちらも全く簡単に動いたので正直かなりなめてかかっていました。

    次の機会こそ、動くところが見たいですね。よろしくお願いいたします。 削除
    2015/2/28(土) 午後 10:14
    返信する

  • 顔アイコン
    > hac*ib*i*806さん
    九太郎さん、コメントありがとうございます。なるほど、電源の安定も大切なんですね。山のMochi師匠に提案しましたが、バッテリーから容量の大きなケーブルを引いてそこからメーター電源も引いてみます。

    これで動くようになれば電気不足、だったということですね、よいサジェスチョンをありがとうございました。 削除
    2015/2/28(土) 午後 10:17
    返信する