ここ数日にわたり作業しました。まとめて記入しますので、写真は夜になったり昼になったりします。

まずは材料の調達からです。CP+の帰りがけに秋葉原に寄って耐熱性のあるグラスチューブとスイッチ、それの防水カバーを買ってきました。

次は不要ケーブルなどを仕舞っているケースの中から使える物を探し出します。
イメージ 1

ON-OFFスイッチは下のように加工しました。接点は半田付けです。
イメージ 2

テールランプからドロボウしてきているキー連動電源を分岐し、スイッチを経由してアラーム信号線へ戻します。メンテナンス時など、アラームをオフにするときにこのスイッチを切るのです。しかし、後で考えてみればアースにスイッチ設けた方が良かったかもしれませんね。アラーム作動中にオフにしてしまうとキーをオンにしてもアラームは止まりませんから。スイッチはセキュリティを考えてキーと工具がなければアクセスできないところに設置していますので、もし間違うと大変なことになります。スイッチは既存のおあつらえ向きの穴に固定しました。
イメージ 3

配線類が増えてきたのでコルゲートチューブでまとめます。
イメージ 4

前の方に向かう配線はこのグラスチューブを使用しました。熱に強いそうです。エンジンからはなるべく離しますが、熔けない材質なので少し安心度が高くなります。中の配線皮膜も不燃性だし、おそらく大丈夫でしょう。
イメージ 5

こんな感じで配線しました。
イメージ 6

ハンドルバーにDC,USBソケットを固定して、配線を通すと案の定、こんなところにヒューズが来てしまいました。
イメージ 7

ヒューズ手前で切断。つなぎ合わせて熱収縮チューブで絶縁しました。
イメージ 8

アラームのLED配線と共にグラスチューブに通して配線しました。一番手前のチューブがそれです。純正並みの見た目でしょう?エンジン上に張られたゴムシートの上でギボシ端子で接続しました。
イメージ 9

チューブは下向き出口にして、さらにビニールテープで入り口をふさいでバッテリーボックスへの浸水を予防しています。
イメージ 10

次はバッテリーボックス周りの処理です。バッテリー+端子からプラス電源を引っ張り、ヒューズボックスの裏にヒューズを設けました。
イメージ 11

ずいぶんごちゃこちゃしてしまいましたね。これから整理していきましょう。
イメージ 12

作業中にひらめいて配線をやり直したりして、なかなか作業がはかどりませんでしたが、何とかきれいにまとめることができるようになってきました。

アースはまとめてマイナス端子へ、一部はボディアースしました。
イメージ 13

ボディアースはバッテリー端子間の抵抗値を計測して確実な場所に設置しました。樹脂の部品が多い車両なので、見かけでは判断が付かない場合もありそうです。
イメージ 17

こんな感じにまとまりました。左下、赤と黄色の線が見えている黒い箱がリレーです。
イメージ 14

荷室はほとんど犠牲になっていません。後ろの(写真では右)の黒いチューブにアイの付いたワイヤーは車両に付属していたヘルメットホルダーです。
イメージ 15

アラームのスイッチオンオフ、DC、USB電源のキー連動を確認し、サイドカバーとシートを戻せば完了です。
イメージ 16

完成配線略図
イメージ 18