昨日購入したジャンク品のライディングシューズですが、夕食後に早速直しました。

まずは現状をよく観察します。ちぎれたゴム片がリベットについていたので外してみました。ちぎれた部分に適合しました。
イメージ 1

さて、どう直すかだなあ。まずはリベットを外しましょう。
イメージ 2

ちぎれた部分を縫合するか、裏からゴムを当てて接着剤で固定するか。

いや、もっとシンプルに修理した方が丈夫でしょう。ストラップの長さは余裕があるし、穴を開けなおしてみるか。

そうなるともともとリベットが打たれていた部分が邪魔になるので切り落とします。はさみでやったのであまりきれいではないですが、見えなくなる部分だからいいね。
また、両側のとびだしもバックルの位置が下がるのに合わせて切断しました。
イメージ 3

後は裏表に補強のステンレスワッシャを入れて、ブラインドリベットでかしめます。裏は飛び出ると靴を傷めるし、足が痛くなっても嫌なので裏から打ちました。
イメージ 4

表にリベットの裏が出てしまいますがキニシナイ!
イメージ 5

強度は十分、ばっちり使えるようになりました。左右で色が違うのもなにですから、リベットはこの後マジックで黒く塗りました。
イメージ 6

トゥスライダーは交換可能になっています。面白いので外してみました。上下左右にいくらか動かせるようになっていたので、左右で同じ位置になるように調節してみました。これを交換しなければいけないような走りはするつもりないですけどね。
イメージ 7

寒いなあ。そろそろ雪降るのかな。スキーの用意しておこうかな。



顔アイコン
そう来ましたか~、流石「グッドジョブ!」です。
三毛ジャガーさんの手にかかったらこんなの屁ですかね。♪

ツーリングブーツにもトゥースライダーがあるのにビックリ!です。
かつて10年程前にマイブームで91のFZR400RR-SPでサーキットをはしりまくりました。流石にその時はスライダーが役立ちましたよ。♪ でも公道ではありえないですよね。(o^^o) 削除
玉造
2015/2/5(木) 午後 0:13
返信する

顔アイコン
> 玉造さん
ほめ過ぎです。ほめ殺しになりそうです。

私もトゥースライダー、サーキットを走る靴ではないので要らないとは思いますね。あるいは転倒した時にもしかしていくらかマシになるパターンもあるのかな?転倒時に後悔しない装備で走りたいですね。 削除
2015/2/6(金) 午前 10:48
返信する