また一日遅れの記述です。

仕事での過労状態から、朝起きるのが10時近くなってしまいました。水元公園をリカンベントで流してくるつもりでしたが、ちょっと時間的に無理になってしまいました。今日は夜勤ですから。

納車日に雨中を走り、そのまま放置してあったCB250Fの洗車をしましょう。中性洗剤で丁寧に洗い、たっぷりの水で流します。そして、ようやくできたブリスXコーティング。これがいいのかどうかはわかりませんが、なかなか使いきれないのでいいことにしましょう。

イメージ 1
きれいになると気持ちがいいですね。

さて、次は定位置をETC本体に奪われた工具の収納について考えます。
イメージ 2

上方に大きく余裕があることに着目、下に工具を入れて、面ファスナーストラップで固定してみました。
イメージ 3

写真上の部分には発煙筒でも入れるのでしょうか?半円の切欠きのあるセパレーターが付いています。これさえなければもっといろいろ積めるのですが。削っちゃおうかな?

週末の初ツーリングに向けて荷物の積載について検討しました。ストラップはタンデムシートを外してシート固定用フックなどを支点にすればかなりがっちり固定できそうです。問題はシートの後ろ、リアカウルがタンデムバーより高くなってしまっていることでしょう。これだと加重がリアカウルが受け持ってしまうことになります。タンデムバーに下駄を履かせた橋を渡して、と思って試行していましたが、バッグを横向きに積むとタンデムシートでほぼ収まることに気が付きました。左右の張り出しもそれほど大きくはありません。パニアバッグに比べれば出ていないも一緒です。

走行距離はまだ100㎞に届いていません。慣らしを兼ねてのツーリングですから、エンジン出力に十分な余力を必要とします。負荷の大きい高速を走らずに行ってみようかと思っています。

一応考えたコースは6号線を北上、土浦からR354で霞ヶ浦大橋を渡り、玉造(どこかで聞いた名前ですね)へ出て、北浦湖畔へ。鹿島鉄道に沿って北上し、那珂湊へ。ここで弟の家にお土産を買って発送。お昼御飯もここで海鮮どんぶりでも食べたいな。しばらくゆっくりしたら那珂川を遡り、道の駅かつらへ。ここでキャンプ!

2日目、愛車の関連施設、ツインリンク茂木横を通過し、益子を経て水海道の弟の家へ。ここで昼をゴチになり、早めに帰宅。

キャンプはもちろんブラッカン+冬用ダウンシュラフで万全の寒さ対策をしますよ。楽しみです。

※ブラッカン=BLACKCAN、ガスカートリッジ使用のアウトドア用床暖房のことです。私の過去ブログにも出ています。



  • 顔アイコン
    バイクの少ないスペースの有効活用ですね!
    ナイスです!(⌒▽⌒)
    ツーリングキャンプは、お天気に恵まれると、
    良いですね~(*^o^*) 削除
    2014/12/26(金) 午前 5:22
    返信する
  • 顔アイコン
    車載工具は質があまり(あまりにも?)良くないのではじめから当てにしてません。むしろ下ろしちゃうかも?MCの場合は自転車に比べてリュックやタンクバッグなど荷物を持ち運ぶ手段が多いのでそちらに信頼の置ける工具セットを入れておきます。 削除
    [ 九太郎 ]
    2014/12/26(金) 午前 9:47
    返信する


  • 顔アイコン
    > kikuさん
    ありがとうございます~。どうやら天気や良さそうです。寒いのはもう覚悟の上、温かい食事を美味しく食べるためにも必要事項ですからね。

    路面凍結だけはかんべんしてほしいですけどね。 削除
    2014/12/26(金) 午後 9:27
    返信する

  • 顔アイコン
    > 九太郎さん
    工具はまさにそうですね。ただし、自動車よりはいくらかマシなものが入っていたので、逆に故障の確率も高いのかと気になっているくらいです。

    定期的なメンテしていれば大丈夫だと思っていたけど、甘いかなあ。

    タンクバッグは次の物欲ターゲットですが、どれがいいのか今一つ理解ができていません。マグネット式だと磁気カードに悪さをしそうだし、ストラップ式はシュラウドのあるCB250Fでは使えないかもしれないし、吸盤式はカウルの無いネイキッドだから飛んでいきそうだし。

    何か良い製品があったら教えてください。ちなみに今回はタンクバッグは無しで行きます。 削除
    2014/12/26(金) 午後 9:31
    返信する