いよいよ最後の教習日となりました。13時30分からの教習なので、午前中はやるべきことを済ませてしまいましょう。

まずはキッチンの片付けと部屋の掃除からです。今日はガスコンロの1年点検の日なのです。丁寧に使っているつもりではありますが、やはり1年も使えばそれなりに汚れもします。しかしそこはアルミトッププレートのプラスドゥグリレ、雑巾一枚で新品同様になります。

部屋の片付けもそれなりにはしましょう。2時間ほどで見違えるように片付きました。ついでに壊れた掃除機を解体、金属部分を外してプラスチックは可燃ごみへ。

そして夕食と明日の朝食、弁当の買い物も済ませました。昼は駅弁フェアをやっていたのでそれで済ませました。

今日は夫婦そろって2段階みきわめ、同じ時間に予約が入っています。昼ご飯を食べ終えたら車で教習所へ向かいました。教習原簿を出していただき、予約券を見るとおお、妻と同じ教官だ!

17時限目 自動二輪総合(みきわめ)

まずはウォーミングアップ走からです。先頭に教官、大型。次に私たちの教官、私、最後尾に妻と続いて外周路を走ります。これも今日で最後か(かな?)。CB400SFの機嫌を伺いながら、ミラーで妻の走りを見ながら、今まで指導を受けたことを思い出しながら走りました。ニーグリップ、アクセルワーク、上半身の力を抜く、直線は40㎞/h。ブレーキはポンピング、バンクさせても頭はまっすぐ。

5周したところで前を行く教官車が左ウインカーを出しました。いよいよだぞ。あとに続いてモーターサイクルプールへ入ります。誘導された場所へ停車します。ニュートラルに入れてエンジン停止。

「今日はお二人とも最後のみきわめです。今日の走りを見て、検定に受かる実力があるかどうかを見ますので、検定コースを走って下さい。片方が1コースならもう片方が2コース、次はコースを取り換えて、という感じで走って下さい。」

まずは、私の後ろに教官が付いて走りを見ていただきます。心なしか手が震えているかな?いやいや、武者震いだよ。

周囲確認、ブレーキレバーを握ってハンドルをまっすぐに、車両を立ててまたが、、、、ちがう、スタンドを外してだった!危ない危ない。後方確認、さっとまたがりキーに手を伸ばしかけて気が付いた、ミラーだよミラー。どうした俺、上がっているのか!

発進してからも何か地に足がついていない感じで(そりゃそうだ、ステップの上だ)ふわふわしたままコースを走ります。それでも失敗なくこなせているぞ。クランク、S字、コースが広々と見えてきます。

一時停止、右折して、加速。2速にすかさず入れてスラローム突入。ここは得意だぜ。教官見ていろよ。しかし、スラロームは1週間ぶりだったせいかオーバースピードで進入してしまい、バンクを深く取るしかなくなりました。これはやばい、次に起こしきれずに強引に寝かせ、あっという間に次のコーン!ダメだ、間に合わない!4本目でついにコーンに接触、倒した~。

呆然自失状態のまま外周コースへ戻り、信号を通過して左折。今度は坂道発進だ。ぴたりと止まって落ち着きを取り戻します。左見て、あ、違う。ウインカー止めてからだ。もう一度。左、右、ウインカー、1、2、3、右確認Go!。セカンドにあげてアクセル開くと減速。ああ、ニュートラル、やばい、すかさず2速に入れなおしてなんとか峠を通過。

急制動、一本橋は無難にやり過ごし、戻って来るスタート地点。一通りの確認をして下車します。

「緊張していますね。スラロームのコーン接触は原因はなんでしょう?」
「進入速度が速すぎたこと、それに浅くコーンに入ってしまって最後がきつくなってしまったことだと思います。」
「ここまで来れているのですから、速度に注意すれば大丈夫ですよ。法規は良くできていました。つぎは奥さん見ますから、2コースで練習してください。」

手袋中が汗で濡れています。落ち着け、落ち着け、今度は教官が付いていないからもっと気楽にやるんだぞ。

しかし、教官が見ていないからと気を許したせいか、確認動作が自分でもわかっただけでも4か所遅れてしまいました。スラロームは無事に通過。スタートへ戻ってきました。次は私を見てもらう番です。今度こそ!

今度は比較的うまくいったのではないかな?左折時に一か所膨らみかけたところがあるのと、慎重すぎてスラロームタイムがぎりぎりの7秒6まで落ちてしまったことはありましたけど。

「スラロームと一本橋はタイム忘れていいです。1秒遅れた、1秒早かった、でもそれぞれ5点しか引かれません。コーン倒した、1本橋落下したではそこで終わってしまいますから。」

なるほど、練習とは違う、検定ならではのテクニックですね。そしてもう1周と、苦手なところの練習をさせていただき、私は感覚を忘れかけているスラロームと一本橋を集中的に練習させてもらい、タイムアップ。

2輪控室に戻り、教官が戻るのを待ちます。みきわめどうだろう?かなりダメな部分見せてしまったなあ。妻は妻で、カーブで膨らんでいると指導が入ったそうです。

そして教習原簿を持って教官が入室。

「お二人ともみきわめ通過です。次はいよいよ検定です。実力どおりにいけば十分に合格できます。しかし、なかなかそうはいかないのも検定ですから、落ち着いて実力を出せるように頑張って下さい。」

「!」

受付カウンターへみきわめ(良好)に印のある予約券を見せ、予約機で検定の予約をしました。妻は明後日の日曜日、私はその2日後、火曜日です。まずは1回目、様子見で受けてきましょう。

奇跡的にも、ここまでストレートで来ることができました。親切、丁寧な指導をしてくださった教官方には心よりの感謝をしています。そして、楽しかったなあ。本当に楽しい教習で、ここへ来るのが楽しみで仕方がありませんでした。IDカード忘れの件で受付の方に顔も覚えていただけたし、自転車を始めようかと思っている教官とも出会えたし、そしてほかの教習生とのふれあいも本当に楽しかったです。

ほんの2週間ちょっと前にはアクセルを任意の位置まで開くことさえできなかった自分がここまで来たなんて、ちょっと信じられない感じです。

妻と浮かれ気分で帰宅し、洗濯物を取り込んだらモーターサイクルショップへ行きました。もう受かったつもり?になっていますので、妻用のスクーターを発注してしまいました。私はヤマハトリシティを強く勧めたのですが、「車体が大きくて会社の駐輪場に入りそうもない。」「値段が高い。」といい、また購入する店が一応ホンダ特約店ですのでホンダの中から選定、トランクルームがものすごく大きい所を妻が気に入ったLEAD125にしました。今日発注したので、免許より早く納車可能となるようです。

私用の中古車について相談したところ、中古車オークションで探してくれるそうなので、予算と好みに合わせてよさそうなのを選んでくれるそうです。いよいよ家族との戦いが始まるか?息子、お前は俺の味方だよな?

検定に受かれば木曜日の公休に妻は免許センターへ行けますから、その日に納車となるでしょう。私も木曜日公休ですから、一緒に免許センター行けるかな?どちらも1回落ちても木曜日午前の検定受けられますから、2回目でも木曜日には免許が手に入るぞ!!(3回以降はまた日程が変わってきます。)


  • 顔アイコン
    いよいよですね~d(^_^o)
    一度ぐらいは、落ちる覚悟で
    気楽に検定を受けてくださいね!(*^o^*) 削除
    2014/11/28(金) 午後 7:51
    返信する
  • 顔アイコン
    > kikuさん
    長く教習日記にお付き合いありがとうございました。今度こそ、気楽に落ち着いて行ってきますよ~。一度きりでウォーミングアップ走もない本当の一発だそうですから、落ちてもくよくよすることはないですよね。 削除
    2014/11/28(金) 午後 8:33
    返信する
  • 顔アイコン
    集中力でついに最終段階に来ましたね。
    今回の記事で感じたことは、ボクが3種類乗り継いできた250ccの手軽さと400ccの重厚な取り回しが、相当違うらしい、ということです。ボクもあと10歳若ければ、なじんだ250ccになら戻れたかも、という悔しさ。
    昨日、北松戸の「2りんかん」に原付バイクのバッテリーを買いにいき、そこで、駐車場に2台連れ添い乗り入れてきた中型2輪が、それぞれ個性的ないい音を響かせながら停車しました。
    ああいう「生きのいいマグロ」みたいなやつを手に入れて10年乗ると80歳。そういうことがありうるのか? ただの年寄りの冷や水なのか? 削除
    2014/11/28(金) 午後 11:25
    返信する
  • 顔アイコン
    > 山のmochiさん
    コメントありがとうございます。

    いやー本当にぎりぎりの綱渡りでここまで来た感じです。特に第2段階になってから、本来第一段階でできるようになっていないといけないはずの教程ができず、必死で取り繕っていました。

    10年乗ると80才におなりでしょうが、そのころにはもう年齢は何の意味もなく、ただあるのは個人差だけです。これは数多くの老人と法律的に老人扱いされてしまっている方々を見てきた私の実感であります。私より年下の利用者さえいます。

    ちなみに90歳現役ハーレー乗りがウェブサイトでは紹介されていますね。いや、モーターサイクルどころか三浦雄一郎さんに至ってはエベレスト登頂をやってのけておいでです。 削除
    2014/11/29(土) 午前 0:09
    返信する
  • 顔アイコン
    そ~そ~「雄一郎」さんを思えば!
    これから始まる永い二輪生活ですから、「一度で受からなくても」 ベテランの教官が正確なジャッジをしてくれますよ。 頭 身体で覚えた事をお披露目するぐらいの気分で!\(^o^)/ 削除
    玉造
    2014/11/29(土) 午後 9:41
    返信する
  • 顔アイコン
    > 玉造さん
    そうそう、正確なジャッジで受かりたいですね。教官室に3本を束ねた「寸志」を置いたら受かった、とかではなくて。今時そんな手通用しないでしょうけど。 削除
    2014/11/29(土) 午後 10:31
    返信する
  • 顔アイコン
    いよいよですね( ´∀`)!
    いくつのなっても成長が感じられる時は楽しいものです。
    検定一発合格祈ってます。 削除
    2014/12/4(木) 午後 6:01
    返信する
  • 顔アイコン
    > くまそんさん

    コメントありがとうございます。

    くまそんさん、ブサギさんの成長も楽しみにしていますよ~。虎さん他、コメント常連者一同で。 削除
    2014/12/4(木) 午後 9:45
    返信する