今日は朝から雨です。うーん、やだなあ。自動2輪はやはり、4輪とは比較にならないほど雨の影響を強く受けます。

車で行こうかとも思ったのですが、雨なので車で来る人も多いかもしれません。それにせっかく送迎バスがあるんだから、利用しましょう。送迎バスの運転手さんとの会話も楽しみの一つになっています。

今日は親会社の電鉄が収支を鑑みて第二コースの8割を不動産へ売却してしまったこと、そして現在は少子化の中にあっては順調な推移をしてはいるが、自動2輪教習が利益を生み出せなくなっていることなどを伺いました。

「トップの判断で、自動2輪もできる限りマンツーマン指導することになっているのです。教習料金は他と並ばざるを得ないのでこれは利益を考えるとかなり厳しいのですが、2輪事故を減らす事は、お金より大事ですから。その為にきちんと指導して十分な知識と技術、マナーを身に付けさせて、それから卒業させたいという思いから、この分野では赤字でもよいと言っています。」

なるほど、確かに、振り返ってみれば例外はまだ3回だけ、それも同じところ段階の人とだったか、もしくは何回も落ちての補習、もはや自主練に近い人としか2名での教習はありませんでした。

自動二輪教習は放置される、こんなブログをずいぶん読みました。平日が主だし、運がいいのかなあ、なんて思っていましたが、このスクールの方針だったんですね。

午後には松戸の2輪館で私用ヘルメットとウインタージャケット、パンツを購入したのですが、店員に教習中と言うと「どこ?」と尋ねられ、京成ドライビングスクールというと、あそこの指導員は面倒見がいいですよ、きっちり教えてくれます、だそうです。トップの姿勢が良いので、やはり評判もいいようですね。

さて、かなり降っている雨の教習所へ到着した私は早速受付をしました。

15時限目 回避と高度なバランス走行

プロテクターを付けてその上から合羽を着こみ、長靴を履きます。合羽は防水性もばっちり、意外なほど快適でした。

教官から
「今日はちょっと危険な場合もありますよ。」

と言われたので、
「はい、大丈夫です。保険証持ってきていますから。」

と答えました。使わないですむようにしましょう、と笑いながら雨の中を歩き出しました。

まずはウォーミングアップ走から。数回外周路を回りながら車両の状態を見て、また自分とのマッチングを確認します。今日の車両はここ2回と比べると格段に調子の良い個体でした。こいつとなら何でもやれるな、そんなことを思いながら、回っていました。雨はヘルメットのシールドを叩きはしますが、視界はまずまず、タイヤのグリップはちょっと心配、そんな感じでした。

5分ほど回ったら、いよいよ回避です。30㎞/h、3速でまっすぐ進入、まずは教官の後ろについて回避行動をとります。コーンを抜けたら左右と真中、どれかに入るのです。

外周路を回ったら、障害物を超え、いよいよ進入!教官が左コースを選択、すかさず左にバンクさせて左コースに車を入れました。バンク角が不足したのか、白線をやや踏んだような感じもしましたが、車体の陰で前輪がどこを通過したのかは見えませんでした。

次は、旗振りでの回避です。白旗、赤旗がそれぞれ右、左のコース進入を意味し、両方で真ん中、その場合には急制動です。

再びわまって直線で30㎞/hで走行、そして進入。ん、これは?両方を腰の位置で持っています。これから上げるのか??いや、動かない、直進急制動、雨だからやんわりだ!

「ずいぶん反応が遅かったですね。」

最後は、反応すべきとされた小さいコーンを取り去り、どこでもいいから、すぐに反応するようにと言われました。

さて、どうなるか。ぐるっと回って進入、左に白旗、いや、白だから右だ!一瞬旗の持つ方向へバンクさせてしまいそうでしたが、あわてて右へバンクさせ、何とか白線を踏むことなく右車線へ進入できました。

「よく間違えずに入れましたね。」

そして考えている間の空走距離、反応する早さ、実際に行動してから回避に至る時間と距離などの説明を受けました。

「4輪と比較すると難しいのです。サーキットでも、同じくらい速度の出る4輪と2輪では4輪の方がラップタイムが数段速いのです。」

回避ができないということは、そのまま突っ込んでしまうことを意味します。十分回避できる余裕を持って運転しないと対応できないということになります。

次は、より高度なバランス走行です。まずはスタンディングから。ステップに立ち上がり、波状路を行きます。これは楽々です。次はシッティングで同じく波状路。サスがあるとはいえ、尻が跳ねてしまいました。それに波状路のバーが濡れていて滑りそう!

続いて砂利道通過、砂利道発進。さらに超狭小路の通過。どれもかなりの難度です。とくに超狭小路は半分もいかずに落ちてしまいました。

次は?何、この狭さで方向転換?つまりいわゆるUターンですか。そっと入ってグイッとハンドルをひねり、そっと半クラッチをつなぎながら、、、あれれ、曲がりきれないぞ。えい、鋲の隙間から行っちゃえ。ギャー、反対回り!今度は壁だよ。ああ、足ついちゃった。

そしてお次は坂道をジグザク走行。斜めに入ってターン、おお、速度が落ちすぎたからクラッチをつないで、、今度は速度上がりすぎ、リアブレーキ踏んで、、踏み過ぎた、登りだからクラッチ切るだけでよかったか?半クラッチで、あれ、エンスト。

ニュートラルに入れてかけなおし、坂道発進。すると次は下り坂をぐるっと360度ターンしてから下れと指示。見本を見せて下る教官。下りは楽だ。が、カーブの半分は登りです。うーん曲がりきれない、速度を落として、、、あ、エンスト。

次は8の字走行です。教官、私を抜かないように後をついてくるようにと指示。8の字は得意だぜ。

んんん、遅い!ほとんどスタンディングスティルじゃないの。半クラッチリアブレーキ、でも詰まる車間。うーんしんどい。何回も足つきをして、エンストも2回。

そして、教習終了。自信を見事に打ち砕かれて呆然としていた私でした。でも、今回は普通自動2輪は「任意教習項目」になっているからまあ次には進められるだろうなあ。本当はもう一回くらいは練習した方がいい感じですけどね。

教官へ質問しました。

「半クラッチとリアブレーキのコンビネーションがうまくできずにブレーキでエンストを誘発してしまいましたが、その対処方法は何かないでしょうか?」

「クラッチがかすかに触れる程度のところを捜して、ホイールは動かないけど、エンストもしない、ブレーキを緩めると弱く前進する程度のところで固定していれば、ブレーキを遠慮なく踏めます。」

なるほど、トルクコンバーターのクリープのような感じになるようにクラッチワークをするのですね。それが使えるようになれば、もっとうまくできるかな。

受付へ教習原簿を戻し、予約機にIDカードを入れたところ、予約不能になっていました。持ち時間全て予約済みだそうです。そうか、ついにここまで来たか。ん、でもみきわめ落ちたら、次困るぞ。下手すりゃ2週間後、それでは覚えていられないかも~。

受付から声がかかりました。
「今日午後、キャンセルが多く入ったので、もしよろしかったら、次のシミュレーターと学科のセット教習受けてしまいませんか?」

しばらく考え込む私。
「いや、明後日また来ます。せっかくのお誘いですが、申し訳ございません。」

雨がひどいのでキャンセルする人が多かったようです。シミュレーターと学科になる私には雨は問題にならないのですが、実は明後日は妻と一緒に受けることになっているので、ここは残念ですが見送りです。

学科の次はいよいよ2段階のみきわめ、それが勿論、最終教習課程となります。



  • 顔アイコン
    どんどん、難しくなって行きますね~σ(^_^;)
    昔に乗ってたと言っても、今の試験には
    とても合格するとは思えない難易度だと思います。
    そんな中どんどん進んで行く三毛さん凄いですね!
    あと、少し頑張ってくださいね(*^o^*) 削除
    2014/11/25(火) 午後 5:34
    返信する
  • 顔アイコン
    雨の日に2輪は乗りたくないよね。
    お疲れ様です。 削除
    2014/11/25(火) 午後 6:44
    返信する


  • 顔アイコン
    > kikuさん
    それももうここまでのようです。あとはシミュレーターと危険インシデントのディスカッション、そして実車のみきわめだけとなりました。

    すでに免許持ちの皆様には何をいまさら連載かよ、という感じでしょうが、この期間の励まし、アドヴァイス、本当に感謝です。> くまそんさん 削除
    2014/11/25(火) 午後 8:15
    返信する

  • 顔アイコン
    > くまそんさん

    雨には雨の良さもありますよ、きっと。私はまだ気が付いていませんが。 削除
    2014/11/25(火) 午後 8:17
    返信する

  • 二輪の教習は雨の日もあるんですね!
    雨の日も走るし、走っている間に雨が降ってくることもあるんだから、雨の日に教習を受けておくといいかもしれませんね。
    同じ考えで、カヤックの講習を雨の日に受けに行ったら、中止になっちゃったことを思い出しました(笑) 削除
    やまさん
    2014/11/25(火) 午後 8:19
    返信する

  • 顔アイコン
    > やまさんさん
    コメントありがとうございます。

    カヤックで雨天中止ですか、わからないでもなくはないなあ。でも、もったいないですよね。

    雨でもやまさんさん同様、私も乗ることもあります。どうせ濡れる乗り物ですから。四万十川の最終日は台風接近で土砂降りの中、漕ぎましよ。さすがに次の日は増水していたので漕ぐことはしませんでしたけど。 削除
    2014/11/25(火) 午後 8:23
    返信する

  • 顔アイコン
    「雨には雨の良さがありますよ、」流石 三毛ジャガーさん。♪
    今後のバイク旅などに悪天候がない訳ではありませんからね。今回の教習は本当に良い経験になったのかと思いますよ。 2段階みきわめ頑張ってくださ~い。o(^_^)o 削除
    玉造
    2014/11/27(木) 午前 7:51
    返信する

  • 顔アイコン
    > 玉造さん
    コメントありがとうございます。

    玉造さんはオフローダーだから、泥んこになるのがお好きなのではないかと思っていました。2段階みきわめ、頑張ってきますよ~。 削除
    2014/11/27(木) 午前 11:20
    返信する