2014年6月14日

私がリカンベントフレームを買ったショップ、ニキリンさんの主催する試乗会に参加してきました。ニキリンさんの持ち込む車両だけでなく、私を含め、参加者の持ち込む車両が「オーナーの許可を取ることを条件に」試乗車になるという、大試乗会なのです。

今回の目玉はついに出ました、ストリームライナー!
イメージ 1

自作の張りぼてなんかではなく、ドイツのベロモービル社製の本格的なものです。ベロモービル社の製品は日本では3人乗りの自転車タクシーが有名ですね。金属フレームも一部には使っていますが、前後がつながっていなくて、強度はモノコックの繊維強化プラスチックが担っています。

あらゆる部分の作りこみが凝りに凝っていて、感嘆の連続でした。なんと、車輪は車体内部にむき出しではく、ホイールハウスの中に入っているのです。これなら雨でも安心して走れます。そして、前輪の切れ角を大きくするためにリンクで仮想ピポットを持ち、ボディーに当たらないようにうまい具合に曲がります。
イメージ 2

駆動はチェーンですが、これは後輪右側に付くために製造する時の割り線が左右非対称になっています。
イメージ 4

チェーン駆動は普通の自転車部品を使っています。このチェーンが見えるのはこの部分のみ、シート下からはカバーで覆われています。そのカバーもしっかりとしたつくりで、ぴったりの形に成形されています。
イメージ 3

後ろから見ると見事な流線型であることが分かります。テールランプは私的にはもう少し凝ったデザインにしたいですね。泥除け用の普通のタイプでした。
イメージ 5

オーナーさんのご厚意で私も乗せていただきました。
イメージ 6

オーナーさんはこれで通勤することもあるようです。電動アシストもなく、やや重たいという面あはりますが、十分実用になっているとのことです。雨の日の通勤はこれがあると楽しいでしょうね。

リカンベント乗りはメカマニアが多いのでしょうか、あちこちに原型がもうわからない改造車がたくさんありました。人気だったのがTUSNAMIの電動アシストキット組み込み車でした。
イメージ 7

サンスターのきっとだそうです。バッテリーは20A/h の大容量、遠出も安心ですね。ハンドルはオープンコックピットになっています。
イメージ 8

ハイテク満載のトライクです。iPADと、ブルートゥース接続されたスピーカーが付けられていました。トライクなら止まっていても転ぶことはないので液晶画面を確認できて便利かもしれませんね。スピーカーからはラジオが流れていました。
イメージ 12

スーパーローライダー揃い踏みです。同じフレームですが、オーナーさんの個性でそれぞれに味つけが異なっています。オープンコックピットが2台、流行っていますね。
イメージ 14

これまた魔改造してあります。もともと普通のリカンベントですが、何と輪行仕様車になっているのです。
イメージ 10

アッというまに、というわけにはいきませんが、なかなかコンパクトです。普通のロード輪行袋に入るでしょう。ただし、シートを含む一部が別袋になってしまいますが。前輪を抜いたフォークに後輪が挟まるアイデア物の折りたたみですね。
イメージ 11

前輪駆動のコブラですが、駆動輪が20インチしかないことを補うためにチェーンリングに巨大サイズの物がつかわれていました。ちなみに、この車は最初から輪行することを念頭に開発されています。
イメージ 13

普段なかなか行き会わないリカンベントがこの日だけはこの状態です。
イメージ 9

リカンベントだけではありません。伝説の「乗れない自転車」、Panasonicロデオも登場しました。漫画、「並木橋通りアオバ自転車店」3巻で出てきますね。

私も挑戦しましたが、ペダルをこぐことは絶対無理、下り坂でさえまともに乗れず、いやそれどころか足で地面を蹴って進むことさえできませんでした。

この「ガルパン」ジャージの彼も苦戦しています。
イメージ 16

ロデオの近景です。突出し寸法がこれだけ長いステムを私は他に知りません。ヘッドアングルは冗談のようですが、これでも中級の赤ですからまだまともな方です。黄色は初級、赤は中級、黒は上級なんだそうで、いったいどんな人が乗るのでしょうか。
イメージ 15

まっすぐにしていると、そのポジションをバイクが嫌い、勝手に傾こうとします。右にバイクを傾けると左にステアします。どうやれば乗れるんだ、これ????
しかし、こんな癖の強いバイクでも片手放しですいすい乗る御仁もいて驚くよりほかにありません。



オーナー同士の情報交換も有意義で、私のような”にわか”リカ乗りには大変に参考になりました。また少し、いじりたくなってきたなあ。

暑い日差しの中でしたが、大変に楽しい試乗会でした。


顔アイコン
珍しい自転車がたくさんありますね。俺もロデオは一回乗ってみたいです。 削除
九太郎 ]
2014/6/15(日) 午後 10:09
返信する
顔アイコン
九太郎さん、コメントありがとうございます。

とにかく楽しい企画でしたよ。水元公園は他のサイクリング団体のイベントもあったようですが、注目度は断然こちらでした。1台だけ見ると変わった自転車に思われますが、これだけ集まると案外普通に感じます。

ロデオに乗ってみたいですか、うしししし。 削除
2014/6/15(日) 午後 11:18
返信する
顔アイコン
なんだか、自転車博物館見たいですね❗️
色々な自転車があって、
面白いでしょうね(*^_^*)
ざっと何台ぐらい集まりましたか? 削除
2014/6/16(月) 午前 6:05
返信する
顔アイコン
kikuさん、コメントありがとうございます。

そういえば何台集まったのでしょう。数え切れなかったですね。一人で複数台持ち込まれた方もいましたから、まったくわかりません。実は、午後から仕事なので途中で抜けていますが、その後合流された方もいるでしょうから総参加車両は相当な数になっていたことでしょう。 削除
2014/6/16(月) 午前 9:07
返信する
顔アイコン
ストリームライナー初めて見ました。ヮ(゚д゚)ォ!
雨除けに顔が出る部分に屋根が出れば完璧です。
面白い自転車がいっぱいあるのに驚きました。 削除
2014/6/18(水) 午後 7:06
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。

もちろんキャノピーはあるんです。試乗会ですから、持ってきていないだけです。ボディーにはキャノピーを固定する金具がついていました。 削除
2014/6/18(水) 午後 9:10
返信する
顔アイコン
こういうの見るとリカンベントもいいかな、と思いますね。買うかと言われれば、買いませんが答えですけど。楽しそうだけど、結構な値段するでしょうから。 削除
tok*3ga* ]
2014/6/19(木) 午後 9:12
返信する
顔アイコン
tokiさん、コメントありがとうございます。

うーん、それほど高くないのもあるよ、、、、、かな?
自転車で今時15万円なんて安い部類でしょうが、それ以下で買えるリカンベントも結構種類ありますよ。低価格品の充実はリカの裾野を広げる効果もあると思うのですが、それゆえに私のアクションプラスの生産メーカー、TW-BENTの倒産はちょっと痛いですね。 削除
2014/6/19(木) 午後 9:53
返信する