久しぶりにK氏からメールが入り、一緒に走りませんかというお誘いがありました。一も二もなく、連れてってもらうことにしました。
 
午前は娘の保護者会に出て、午後2時葛飾橋に集合しました。K氏はもう来ていました。早速走り始めます。北に向かいますが、かなり強い向かい風、ずっと彼の後ろでドラフティングの恩恵に授かります。しかし、横風、突風が多く、また対向自転車もそれなりにあるのでなかなか良いポジションで走れません。ちぎれたらもうそこでさよーならー、そうならないように必死でペダルをぶん回します。
 
菜の花がびっしりと咲いていて黄色いじゅうたんのようでした。
イメージ 1
 
40分ほどで玉葉橋に到着、ここを渡ります。ようやく追い風で一息つけます。
「きつかった、、、、。」
言葉もとぎれとぎれの私に、余裕綽々のK氏、今のうちに一息ついておいてください、と不気味な一言。
 
橋を渡ったら南に向かいます。追い風なので軽ーく走れました。そして運河。今度は運河沿いに走ります。
イメージ 2
 
運河から途中で右に曲がり、下り坂を利用してスピードアップ、私も必死で付いていきます。どんどん離されますが、少しでも追いつこうと必死のペダリング。メーターは44㎞/hを越えます。しかし、1分持たずにだんだん下がってきてしまいます。
 
また土手に出てからは安全速度で流します。んん、なんかピンボケ?
イメージ 3
 
追い風を背に出来たのはそれほど長くはありません。また突風性の横風を受けて、きついペダリングになってきました。葛飾橋を越え、新葛飾橋をくぐったところでK氏の言う「仕上げ」のアタック。もう数十秒でちぎれ、脚はもうオールアウトしました。
 
自販機でドリンクを購入したら、里見公園下の駐車場で休憩です。
イメージ 4
 
久しぶりですので、積もる話があるはずですが、二人とも共通の話題はやはり自転車ですね。そして、哀しいことですが、怪我からの復帰も共通体験であったりします。彼は完全復帰しているようですが、私はまだ、プレート抜去があるなあ。
 
さて、そろそろ夕方、夕食当番の私は帰らなくては。葛飾橋までランデブー(本当はちぎれたオールアウトした私の脚)、そこからはそれぞれの自宅へ。
 
夕食はなぜか鯛が安かったので尾頭付き1匹買って、鯛めしに。もうかさめは煮つけ、ジャガイモ人参玉ねぎに、余り物の鶏肉のダッチオーブン焼き、それに味噌汁、サラダ。
 
タンパク質をしっかり補充したから、後は総仕上げのローラー台30分乗ってこよっと。
 
それから、ツールドさくらがわ、出走することにしました。一緒に出る方、いましたらメールかコメントください。