今日は床屋に行きました。自転車はリカンベントです。
イメージ 1
 
店の前に自転車を停めると、4歳くらいでしょうか、小さな男の子がじっとこっちを見ています。
「これなーに、自転車なの?」
物怖じすることなく、話しかけてきました。近くにいるお母さんがかっっこいいね、と子供に話しかけていました。
 
「自転車屋で売っているんですか?」
とお母さん。いいえ、ちょっと特殊ですから。それ専門の店に行かないと手に入らないですね。
 
まあよくあることなので、じっと見つめる子に手を振りながら店内へ。1000円を機械に入れて順番待ちの椅子に座ると、その子が店に入ってきました。いらっしゃいませ、と店長さん。
 
「ねえ、あの自転車どこで買ったの?」
込み合っている店内、客も店員もみんながこっちを見ます。
 
「どこ、どこねえ。うーん、草加だね。」
「そこ、近いの?」
 
まさか、行く気か??ニキリンさんに行くとびっくり、本業は学校用の椅子と机だよ。
 
「遠いから行くのは無理かな。」
お母さんが赤い顔して店内に子供を連れだすために入ってきました。すいませんと言いながら店から出て行きました。
 
よく声をかけられますが、ここまで迫られたことはなかったですね。
 
さて、頭がさっぱりしたところで水元公園で流します。ゴイサギが散歩していました。
イメージ 2
 
暖かい一日でした。
イメージ 3
 
少し日が伸びてきましたね。でも、夕刻からは気温が下がってきました。
イメージ 4