8時04分八潮駅区間快速つくば行きを待ちます。MTBはGIANT VT‐2改。
イメージ 8
 
つくばセンター1番乗り場で筑波シャトルに乗ります。これに乗れば筑波神社、もしくはつつじヶ丘まで行けますので、高度を稼ぐことができます。MTBは登りが得意ではないので(本当は俺が、かも)この手を使いました。
 
寝ているうちに筑波神社前到着です。
イメージ 9
 
ここで組み立て、各部点検、異常なし。トイレに寄ったら、いよいよ出発です。時刻は9時50分。今バスで登ってきた道をわずかに下り、梅林へ入ります。
 
梅が咲いているときに来たら、筑波シャトルが超満員、バス2台体制でも座れなかったことがありました。そしてここも人があふれてMTBに乗れずに押して行ったこともありました。今日はガラガラなので乗車して登って行きました。
ここの道が、今回のルートで一番登りがきついところです。しかし紅葉がきれいで、苦労を忘れます。
イメージ 10
 
梅もいいけど、紅葉もいいんですよ。あんまり宣伝して人があふれても嫌ですけど。
 
登りは駐車場を越えたあたりから緩やかになり、フロントギアもインナーからセンターへ入れられます。そして下りになります。薬王院の分岐で、本当は右に行きたかったのですが工事中で1月下旬まで通行止め、仕方がなく薬王院方面へ行きます。
 
所々MTBに良さそうな道があるので、適当なところを下ってみます。
イメージ 11
イメージ 12
 
下まで下ったら、車道を走って真壁まで行きます。真壁からは湯袋峠を上ります。ここはロードでもMTBでも、何回も越えたことがあります。退職後に父母が国民宿舎つくばねで宿泊する時に、自転車でここを上ったこともありました。さすがに最近は無理そうですが。
 
SPVが付いているとはいえ、MTBはやはり登りは得意ではありません。ギアを落としてくるくると、ボビングを起こさないようにゆっくり登って行きます。
 
ジャージのファスナーを開けても汗ばむころ、峠に到着です。峠からは下りますが、すぐに右へ分岐、つくばね方面へ入ります。ここの登りもきついのです。ゆっくり登って行くと、追い越していくピストが。ん、このパンツは、競輪選手!
イメージ 13
 
しばらくついていきますが、坂が緩やかになってきたところでちぎれました。彼が思いっきりスパートしたのです。
 
国土地理院の地図で廃道らしきものは見当を付けていました。いよいよ廃道に突入です。廃道すぎて、どこが道だかよくわからないくらいです。顔には蜘蛛の巣が、そして脚には草の種がびっしりと付いています。
イメージ 1
 
それでもよくよく見ると、踏み跡程度の物が所々確認できます。しばらく進むとあれ、なんか向きが違うなあ。斜面を下らず、トラバースになっています。どこかで見落としたか?コンパスで確認。明らかに違います。
イメージ 2
 
でも、三角点発見。
イメージ 14
 
道は完全になくなり、藪漕ぎしていると突然良好な道に出ました。しかし、さっきの道の続きではないようです。キャンプ場からの道でしょうか。
イメージ 3
 
案の定、キャンプ場に出てしまいました。仕方がありません。次へ行きましょう。また、つつじヶ丘方面に向けてクライミングします。さっきの所を過ぎ、しばらく登ります。今度こそ、と思ったら、あれ、舗装してある!?この道、舗装するほど需要あるのかよ。これはびっくり、公共工事は本当に津々浦々に入っている物なんですね。舗装してあってもまあ下りは楽しめますから、下ります。途中、こんなところもありますし。
イメージ 4
 
距離は短く、また舗装路です。豪快にワインディングを楽しみました。
イメージ 15
 
下まで降りたら、フルーツラインを北上します。そして2009年版スーパーマップルにも載っている県道218号線で一本杉峠へクライミングします。地図に載っている県道なのですが、実はこの道も廃道です。集落を抜けたあたりからダートで、時々ジムニーや切り出した石を運搬するダンプが通りますのでエンジン音が聞こえたら退避する場所を探し、あらかじめ逃げておきます。頻繁に通行するわけではありませんから、苦痛には感じません。それより登りの方がもちろん苦痛です。乗れるところは乗って、そうでないところは押して行きます。
 
中腹辺りでこちらが空腹、昼食にしましょう。道の脇のスペースでお湯を沸かし、食事を作ります。今日のメニューは力ラーメンです。光って見にくいのですが、カップヌードルの上に乗っている袋が薄切りの餅です。寒い時にはこれ、いいですね。
 
イメージ 16
食後はコーヒー。ドリップの本格派です。大岳山に持って行った物の残りです。
 
車が走るくらいのなので走れる道ですが、さすがに脚に来ているので食後は8割は押しで登りました。腕時計の高度計を見ながら、後何メートルの登り、とそればかり考えながらいきました。ガーミンのGPSの軌跡を見ればあといくつカーブを曲がるのかもわかります。大きく右のカーブがあと一つ、高度は後100m!
イメージ 5
 
そして、一本杉峠到着です。
イメージ 17
 
ここで大下りの準備をします。ジャージのファスナーは全閉、GPSはハンドルのアタッチメントから外してザックの中へ。振動で壊れてしまうかもしれません。フロントサスはストロークを少し伸ばし、110㎜位へ。いよいよ本格的な廃道へ突入です。
 
入り口はこんな感じです。稀にジムニーなどで挑戦する人がいますが、近年の荒れ方は尋常ではなく、絶対に4輪では無理です。
イメージ 18
 
この辺りはまだ、廃道なんて言えないんじゃないの?という感じですね。快適に下れます。
イメージ 6
 
しかし、だんだん荒れ方がひどくなってきます。岩が露出して行く手を阻みます。この辺りはスタンディングを織り交ぜながら、慎重にポンポンといきます。万が一転倒、鎖骨骨折なんで洒落になりませんから。ザックの中のアマチュア無線機からCQコールがかかりましたが、出ている暇はありません。
 
反対側から見ると、こんな感じです。ここが地図に載っている県道ですから驚きです。
イメージ 7
 
さらに先には、沢が完全に道を浸食してしまっているところがあります。来る度にひどくなり、今ではこんな感じです。右前方が道ですから、完全に崩落してしまっています。押しで通過します。
イメージ 20
 
やがてまた沢を渡るところがあり、その沢が道へと流れ込んでいます。やがてここも浸食を受けて崩落していくことでしょう。
イメージ 21
この辺りに左から合流する道があるのですが、こっちはもっと激しい廃道で、全くの藪漕ぎが必要です。そのやぶの中に、トラックなどの車両が捨ててあります。今見ると、どっから持ってきたのか不思議な感じです。出すとするなら担ぐしかないでしょう。その道の最後の方はもはやトライアルコースかというくらいの岩の露出がものすごい道でした。また行ってみるかな。
 
さらに下っていくと石切り場へ出ます。ここからはトラックも走行するので道はかなりまともになります。ほとんど下りきった辺りでようやく舗装路になり、りんりんロードへ当たります。
 
ずいぶん日が傾いてきました。りんりんロードを走って、つくば駅を目指します。
イメージ 19
 
県道55号線に入るころ、薄暗くなってきたのでヘッドライト点灯、サングラスを外します。脚は売り切れ、我慢の走行です。つくばすが追い抜いていきます。あれ、乗っちゃおうかなあ。
 
でも、ここまでくればもうすぐです。がんばれがんばれ。17時丁度、つくば駅到着しました。妻に行動終了の電話を入れ、輪行します。売店でタンパク質の補給品を購入し、食べながら帰りました。結構疲れたなあ。いい運動不足の解消になりました。


こんにちは、はじめまして
薮といい、崩壊した道といい、素晴らしい廃道ですね 削除
2013/12/3(火) 午後 1:59
返信する
顔アイコン
三毛ジャガーさんは色んな道知ってるんだねぇ。
迷わず帰れる帰巣本能は野生並みですね。 削除
2013/12/3(火) 午後 6:42
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。帰巣本能があるかどうかは分かりませんが、帰れなくなったことは酒飲み過ぎた若かりし日だけです。酒をやめてからそんなことはなくなりましたね。 削除
2013/12/3(火) 午後 9:16
返信する
顔アイコン
広町鈍足銀輪隊さん、初めまして。素晴らしい廃道ですね、という言葉を初めて聞きました。そちらの道の専門家でしょうか。ブログに遊びに行きますね。 削除
2013/12/3(火) 午後 9:20
返信する