ずいぶん寒くなって来ました。もう冬も目前です。それでも冬眠なんてしませんよ。
 
寒さ対策はいろいろありますが、今日はこれの点火試験です。アウトドアの床暖房、ブラッカンです。壊れるところはあんまりないのですが、それでもフィールドで不調になっては困りますからね。
 
イメージ 1
 
ベランダに見えるボイラーで沸かしたお湯を、室内に広げてあるエアマットに循環させて暖をとる装置です。
 
こちらがボイラー装置。ガスは点火試験なのでアダプターかませてカセットガスを使用しています。実際のフィールドでは寒冷地用OD缶が使えるのでそちらを使う方が確実です。
イメージ 2
 
いろいろと工夫を施してあります。マットに来るまでの温水の放熱を少なくするために保温材を巻き、熱収縮チューブで固定してあります。加工は送り側だけ、戻りはそのままです。
イメージ 3
 
カセットガスの価格の安さは捨てがたいので温水の管をガス管に巻いたり、カバーをかけたりと工夫して使ってみましたが、外気温-2度を下回る環境ではかなり厳しいです。USプロパンが使えるので、そのボンベ手に入れた方がいいかも、と考えているところです。
 
今、これの上に寝ころがってPCのキーボードを叩いています。温かくて気持ちいいですよ。ラジオは永六輔その新世界がかかっています。
 
御大の別荘の庭で、雪洞掘ってブラッカンで寝ようかな。ボイラーを外に出せば、酸欠の心配がないのでいいですよ。楽しそうでしょう、一緒にいかがですか?