昨日、近所のスーパーを特設会場としたガス展に行ってきました。駐輪場にテントを張っただけの簡易な会場で、展示品はガスコンロは1台だけでしたが、こちらはもうすでに商品の選定は済んでいるので関係ありません。
 
くじは妻共々参加賞のみとなってしまいました。
 
ガスコンロが不調になったのが昨年末でした。強火力バーナーがロック装置の故障で点火不能になってしまい、買い換えようかと思って新宿の東京ガスショールームへ足を運びました。そこでいろいろ検討して、見た目の華やかさより実力を重んじて選定したのがプラスドゥグリレでした。しかし、ロック装置を自分で修理してしまったところ、妻は買い換えなくてもよいと言い出したのです。しかし、点火は不安定で、ボタンを押しながら口で「フッ」とやらなければ点火できません。点火するまでガス臭いというのも気になります。
 
買い換えようよ、と言い続けていたのですが、ちょうど良いきっかけができました。ガス展です。ガス展特価で購入できるということで、ようやく購入することになりました。
 
ガス展でガスコンロ購入の話をすると、ビルトインの場合ガス管の配管の位置や構造によって追加金もかかるかもしれないとのこと。さらにこちらはガスコンセントの増設とガスファンヒーターも購入したいと言ったところ、ちょうど今担当が昼食に行ってしまっているので、帰ってきたら伺いますと言われました。それでは買い物をして担当の帰着を待ちましょう。
 
買い物が終わった後、テントを覗くと
「お待たせいたしました、担当です。」
と青年が迎えてくれました。
 
車で行っていたので、私の車に彼を押し込み、自宅へ連れて帰りました。
 
ガスコンロの交換は、希望の商品を入れられることを確認します。換気扇も検討してくれましたが、オーバーハングになっている我が家の現況では私の希望する物は無理、同じ種類の物しか入れられないというのであきらめました。
 
ガスコンセントも2か所をお願いしました。あと、もう一つは温水マットの熱源機の修理か交換の話です。新築時に床暖房を希望したのですが、ハウスメーカーからも東京ガスからも
「ずいぶん予算と時間かかりますよ。」
と脅かされて、温水マットにしました。しかし、さすがに17年ですからその熱源機が壊れて、点火するとボン!と爆発音を出すようになってしまいました。
 
そちらは古くて部品の供給が止まっているので修理は不可能、交換は価格の高い無駄に高機能のものくらいしかなさそうなので、ちょっと保留にしました。
 
ガスコンロはガス展価格の40パーセント引きを期待したのですが、特定の機種のみで、プラスドゥグリレは対象外、35パーセント引きになってしまいました。それでもアマゾンより安かったので一発OK。リンナイブランドではほぼ同じもの(だと思うのですけど)をデリシアグリレとして売っていますが、定価が違うので、ネット販売で割引率が上がっても販売価格はライフバルとたいして変わりません。やるじゃないか、東京ガスライフバル。
 
ファンヒーターはガス展特価品を購入しました。
 
さてさて、工事の日取りはまだ決まっていませんが、新しいガスコンロの到着が楽しみです。
イメージ 1
 
しかし、あんまり便利過ぎて料理の腕は上達しなくなるかもしれませんね。