最近忙しくてできなかったことをまとめてやりました。タイトルはもちろんクレイジーキャッツの名曲からのイタダキです。
 
まずはブサギロードに献体して走行不能だったリカンベントの復活から。シマノ9s、10s用のブッシュを切り出します。
イメージ 1
 
左が純正、右が互換品。純正はシールドセラミックブッシュだそうです。プーリーにゴムのシールがついています。そしてブッシュの雄と雌両方がセラミック製です。でも、セラミックベアリングの互換品に比べれば摺動なので動きはしぶいです。
イメージ 2
走ってしまえばその差なんてわかりませんけどね。
 
完成。これで今まで以上によく走るでしょう。ただ、このカートリッジベアリング、シールされているのかなあ?耐久性とメンテナンス間隔は走ってみないとわかりませんね。
イメージ 3
 
次はMTB。ディレイラーハンガーを装着します。
イメージ 4
 
ディレイラーを装着すれば完成、ですが、困ったことが一つ。今度のリプレース品にはネジ穴がないのです。これではリフレクターが付けられません。
 
イメージ 5
 
部品箱を探すと元のバンドが出て来ましたが、標準サイズのシートステー用なので使えません。さらに探すと出てきたのがこれです。本来シートピラー用です。シートピラーは下げたいときに困るので、つけたくありません。で、ゴムシートの出番。付属品の使い残しも取っておくと役に立ちます。
 
できた。今までのようにすっきりとはしませんが、まあしょうがないでしょう。穴を開けてタップを立てる方法もありますが、そこまですることはない感じです。
イメージ 6
 
最後は小径車。このチネリのアルターに合わせてフレームの色を決めたのですが、これだとポジションの前傾がきつすぎます。そこで安全第一、ステムを交換してしまいましょう。
イメージ 7
 
これに換えればこんなに高くできます。
イメージ 8
 
で、完成です。これならいくらでも走れちゃう、かな?見た目はかなりアレですけどね~。
イメージ 9