話は今から9年前に遡ります。
 
息子が小学生の時に、ドイツに住む同学年の少年が日本に来て、小学校に体験入学したのです。それがたまたま息子のクラスでした。彼はドイツ人の父と、日本人の母を持ち、お母さまの姉妹とその子供たちが学区域にいたのです。彼にとっては叔母と従兄妹にあたります。
 
体験は数週間で終わりでしたが、日本を気に入った彼は年1~2回、日本に来るようになりました。そして、たまたま気の合った友人が息子だったので、来日時には必ず二人は逢うようになっています。
 
そして今日、2人は1年ぶりに再会しました。
 
私は公休でしたので、まずはmasamasa師匠のところで筑波へトレーニングに行きました。彼のメルセデスに乗っていったので本当にドイツづいた一日ですね。曇り加減でそれほど気温も高くなく、ちょっと足を延ばしてがっちりと鍛えてきました。コースは諸事情で紹介しませんが、だいぶ消耗してしまいました。最後の不動峠の下りで、落車して血だら真っ赤の女性が頭を押さえて泣いていました。同行の男性に援助を申し出た師匠でしたが、救急車を呼んだので大丈夫と言われ、そのまま下りました。
 
最近自転車の事故が多発しているようです。特に不動峠は自転車乗りには有名なトレーニング場になっていて多くの方が利用していますが、毎週のように救急車を呼ぶ事態になると、自転車の通行に規制がかかる恐れもあります。路面に苔が生えているので、濡れている時には全くグリップが利きません。雨の後などは特に注意が必要です。今後のトレーニング環境の為にも、くれぐれも安全第一でお願いします。
 
トレーニング後は師匠行きつけの中華料理屋で食事です。すると、店主が
「これいかがですか、持って行ってよ。」
と茄子とゴーヤの入った大袋を下さいました。茄子は私もいただいて帰りました。
イメージ 1
 
そして帰宅。昨日到着したメッシュジャージを着て行きました。やはり風通しがよく、涼しくてよかったですね。今日もかなり疲れています。
イメージ 2
 
 
消耗しているのでまずは少しの休憩、それからシャワーを浴びて、息子の友人来訪に備えて清掃と果物の買い出しをしました。買い物から帰ってくると、彼はもう来ていました。
 
家族で出迎えます。私は、父の作った餃子を焼きます。ものすごいたくさんの数でしたが、食べ盛りが3人もいるので見る見るうちになくなりました。そして飲み物。向こうの法律ではビールは16歳からだそうですが、一応今回は日本の法律を適用させました。
 
いろいろお話をして、カードゲームに興じ、あっと言う間に21時。お迎えに来た叔父様に連れられておばあさんお家に帰って行きました。次に逢えるのは、来年かなあ、と彼。そんなことはないぜ、息子がドイツ行けばいいんだよ。ブラジル行った時に作ったパスポートもあるし、航空券は買ってやるからさ。え、怖いだって?お前いくつになったんだよ、だらしがないなあ。ドイツの友人は、今回一人で来たんだぞ。がんばろうぜ。