朝4時30分ころ、鳥の声で目が覚めました。
 
S先生も一度は目が覚めましたが、またすぐに布団にもぐってしまいました。窓から外を見ると、うっそうと茂った林に鳥が飛んでいるのが確認できます。しばらく外を眺めていました。
 
そうだ、朝のうちに一つ作業をやっておこう。昨夜、買ってきたセンサーライトが点かないので見て、と言われてガレージから本体を外してダイニングに持ってきていたのです。直すまでもなく、つまみをひねったら点灯しました。
 
音をたてないようにそっと外へ出ます。ベースを木ビスで留めていたのですが、最後までねじ込んでいないのでぐらぐら、ネジの頭にもつぶれがあります。ここは下穴を開けてしっかり固定し直し、本体を装着。すでに明るいので点灯の具合の調節はできません。ここは御大に頑張ってもらいましょう。
 
まだ皆さん起きて来ません。車からMTBを出し、組み立てます。前輪を付け、タイヤに空気、リアショックも圧力調節します。
 
靴をSPDシューズに履き替え、かるーく走ってきましょう。まずは駅に向かいます。駅まではすべて下りなので、あっという間に到着しました。
イメージ 1
 
そしてその周辺を探索しました。6時を回っているのに人出がありません。朝はのんびりするのが別荘ライフなのでしょうか。これが山のテント場ならもうほとんど撤収しているはずですから、えらい違いです。そしてこんなものを発見。昔懐かしいサンヨーマークの看板。
イメージ 2
 
サンヨーはそのブランド名が消滅し、白物家電部門はアクアブランドとして売却されてしまいました。寂しい限りです。
 
誰にも声をかけずに出てきてしまったので戻ります。さすがに皆さん起きていました。朝食はすいとんです。すいとんは専用の粉を使って作ってあります。つるっとしていて、しかももちもち感にあふれる美味しいすいとんです。
イメージ 7
 
奥様のパンです。パン教室講師をする予定という本格派ですから、これが美味しくないはずはありません。口にできない皆様、せめて写真だけでも、どうぞ。
イメージ 6
 
食休みは草むしりをして、ホームセンター開店時間を待ちます。水出しコーヒーを飲みながら、のんびりと。
 
ホームセンターに向かいます。この辺り、ホームセンターが数件あるのですが、やはりDIYをする方が多いのでしょう。まずは一つ目。開店3分前だったので外から中をうかがいます。欲しいのはフォークリフト用のパレットです。さすがはホームセンター、そこかしこに積み上げてありますが、販売用はあるのでしょうか?
 
開店してすぐ、店員に尋ねます。が、やはり販売はしていないということ。うーん、残念。こんなにたくさんあるのになあ。仕方がないので次の店へ。しかし、やはりここでもなし。最後にこの辺りで一番新しく、大きな店へ。おお、樹脂製のパレットもあるではないですか。これは腐食なく、シロアリにも強く最高だね。が、やはり販売はなし。
 
御大、作戦変更しましょうよ。パレットにこだわらず、ここは枕木で行きましょう。そうか、でもちょっと高いなあ。
 
枕木は専門家のS先生がいますので、大丈夫。彼が選び抜いた珠玉の6本を多くの中から選び出しました。後は波板を買いました。
 
それでは別荘へ戻ります。帰路はやや渋滞気味。平時の人口が10倍にまで膨れ上がる別荘地のお盆、道路も車があふれてしまうのです。最近はパークアンドライドを推奨しているようですが、なかなか対策はうまく進んでいないようです。
 
帰宅後、早速作業開始。まずは薪の移動から。昨日と同じ要領で、いや、どうせまた積むからとすぐそばまでの移動にしました。そして朽ちた木を下に枕木を(専門家が)並べ、そこに薪を積み上げていきます。高原のさわやかな風が気持ちいいですが、やはり気温は高め、汗もかきます。
 
すると奥様がキンキンに冷えた生姜ドリンクと麦茶を持ってきてくださいました。生姜ドリンクはのどごしにパンチのある飲み物です。この手の飲み物にありがちな甘すぎる味付けではなく、飲みやすい上品な甘味でした。
 
さて、もう少し頑張れば積み上がりです。もう一汗かきましょう。で、出来た!長大な壁ができました。ずいぶん長いですね。でも、万里の長城よりはいくらか短い。それに雨除けの波板とブルーシートをかけます。
 
完成!
イメージ 8
さて、そろそろお暇(いとま)する時刻です。S先生も自分の別荘(ただし公団住宅)へ向かうので、電車の時刻があるのです。昼食は蕎麦が美味しいと評判の店へ行きます。
 
イメージ 9
ここで御大にはゴチになってしまいました。そしてお別れ。なんともハイソな休日を過ごしました。ここからは本当の強化合宿です。佐久平でS先生を下し、向かうは八ヶ岳。今日はここでキャンプをする予定です。温泉は稲子湯に入って、ん、そこ泊まっちゃおうかなあ。あの環境からキャンプじゃ落差ありすぎでは?
 
しかし、やはり私はキャンプなのです。キャンプ場を検索し、オートキャンプ場をいくつか発見、そのなかでやっほーの湯(八峰の湯)のすぐ隣を選択し、チェックイン。一張5250円って、たかいなあ。ああそうか、公社だからか、天下りがうじゃうじゃ巣食ってという話は憶測なのでやめておき、とにかくテントを張りましょう。10分後、出来た!
 
やっほーの湯の割引券をもらったので温泉に入ってきます。露天風呂からは八ヶ岳がきれいに見えます。
イメージ 11
 
風呂上がりに本を読みながら、フリー片手に涼みます。虫がいますね。あれ、蚊取り線香がないぞ?ま、いっか。自然が豊富で。
イメージ 10
 
携帯電話が鳴り出しました。緊急地震速報です。大丈夫かなあ、あの薪の壁。もう少ししっかりとした積み方すればよかったなあ。でも、今回は揺れは来なかったようです。
 
遊べる!超小型カメラをヘルメットに着けてみました。
イメージ 12
 
ところが、スイッチが手さぐりになってしまい、どうなっているのかヘルメット取らないとわからないのです。結局電源スイッチとVOXスイッチを間違えてオフにして放置してしまい、電力喪失してしまいました。使いこなすにはまだまだ修行が必要です。
 
夕食は当然自炊です。ミネストローネとチキンのハーブ焼き。
イメージ 3
 
それにご飯と、これは出来合いのひじき煮とサラダをトッピング。
イメージ 4
 
照明はキャンドルランタン。でも、本当に必要になる前には寝袋の中。
イメージ 5
 
明日に続く