娘は陸上部です。100m走をやっています。タイムは正直、そこそこでしかありませんが、区内ではこれでも表彰台圏内なので、本人もやる気を持って取り組みだしました。部活では顧問の先生の指導でインターバルトレーニングや往復走、時々スタートの練習をしています。
 
さらなる速さを求めるなら、体重管理も必要でしょう。また、陸上競技はトレーニングのし過ぎで、腱を傷めたり疲労骨折してしまうなどのトラブルを抱えやすいので、過酷なトレーニングが必ずしもいい結果につながるとは限りません。また、腸腰筋を鍛えるのには引き足を使ったペダリングも効果的です。
 
つまり、ロードバイクに乗れば、安全で効率的にレベルアップさせることができるのです。(ただ、勘違いしてもらっては困るのが、自転車に乗ればスプリント競技でいい成績が残せるわけではないことです。)
 
そんな話に娘が飛びつき、彼女用の自転車を用意することにしました。もちろん買ったりはしません。買ってもいいのですが、生まれついての貧乏性の娘は、あるものでいい、と言って聞きません。
 
フレームは彼女の祖母様に10年ほど前に買ったフラットバーロードがありますので、それを再塗装して使うことにします。サイズは娘にはやや大きいのですが、ステムを5~60㎜の極小を入れれば何とか使える範囲でしょう。
 
再塗装するので、まずは剥離剤を用意します。ホームセンターへ行くと、非塩素系の物しかありませんでした。これは肌にあたってもチクチクしないのですが、焼き付け塗装には歯が立ちません。しかたがないので通販で買うことにしました。
 
フレームの色は、娘のリクエストで青にしました。全部青ではつまらないので、ヘッドチューブとリアエンド付近を白にしてグラデーションをかけてみることにします。
 
塗料は2液式ウレタン塗料を使ってみたかったのですが、2,200円もして高いし、体に良くない成分てんこ盛り、塗装ブースを持たない私の環境には危険なのでノントルエンタイプのアクリル塗料にしました。色は艶消しの白を下塗りに、マリンブルーを重ね塗ります。艶消しでもクリアーを吹けばいいつやが出ます。つや有の白よりむしろきれいに見えるのではないでしょうか?
 
ヘッドパーツもリカンベントにいただいたことがあったので、今回新調します。リカンベントで使ってみて、値段の割に良い品質だったNecoをまた買いました。色は青いフレームに合わせて青。白いヘッドチューブの上下に青いヘッドパーツ、なかなかいいまとまりになるのではないでしょうか。
イメージ 1
 
フォークは付属の鉄か、もしくは九太郎さんから譲っていただいたGIOSのカーボンがありますので、どちらかですね。フォークは高速走行中に折れると重篤な怪我をする可能性がありますので、カーボンならよくよく点検してからですね。オフセットの量も確認しないと。
 
今日買った物。紙やすり、塗料白と青。明日辺りからちょっとずつ作業を進めて行きたいと思います。
 
部品は、何使うかは検討中です。ホイールはあるものでOK、サドルも付属だったものでとりあえずいいですね。問題はコンポ8点セットかなぁ。塗装して乾燥を待つ間に揃えればいいので、まだまだ時間に余裕はあります。普段乗っている自転車で今日は走ってきたそうです。ブリジストンマークローザ、そこそこスポーツテイストではありますが、ロード乗ったらその違いに驚くでしょう。ちなみに、妻のロードは「サドルが低い」のだそうです。身長は変わらないくらいですが。