昨日、私は仕事は午後から、息子は家庭学習の日でした。
 
親子でひどい腰痛です。私は職業病なのでまあこんなものとあきらめがついていますが、サッカーを志す息子には天敵です。
 
昨秋、脊椎分離すべり症と診断され、クラブチームの練習は別メニューで行っています。Drからは2月から3割程度の負荷をかけて運動再開してよいと言われていたのですが、痛くてとてもできないと再開が遅れていました。
 
ただ、こいつはどこまで痛いのかわからない面もあるのです。
 
小学6年生の時、試合の合間に足を窪みに入れてしまって痛みを訴え、後半の試合は欠場、それでは済まず、あんまり痛みを訴えるので同級生のお父さんにおんぶしてもらって休日診療の病院へ搬送していただきました。
 
が。
 
レントゲン全く異常なし、次の日からガンガン走り回っています。このようなエピソードを書いていくとブログの字数制限にかかってしまいます。
 
それはともかく、4月に入ってもう半ば過ぎ、まだ別メニューなのです。マッサージも2日と開けずに通い、腰痛に良いとピラティスにも通い、体幹トレーニングを欠かさず行っているのですが。体幹トレーニングの一環として3本ローラーにも乗っています。
 
先日、どれくらいの速さで走れるのか試したいから一緒に走ってというので、短距離走対決をしました。高校時代には学年一番の記録を持つ私、普段から鍛えているので衰えもあまり感じてはいません。もちろんクラウチングスタートです。
 
「On your mark.」
「Set.」
「Go!」
 
なんということでしょう、スタートから置いていかれ、その後の加速でも背中は遠くなっていくばかりです。区大会2位の記録を持つだけのことは、、、て、おい、そんだけ走れてなんでサッカーできないんだぁ?
 
普通で考えればサッカーをやりたくなくてそういうのが普通でしょうが、こいつはやりたくても、ちょっと痛みがあるとすぐにダメ―タイプなのでこうなのです。これから徐々に馴らしていくんだそうで、聞いているこちらは気が遠くなってきます。
 
さて、腰痛に良い運動として、自転車を彼に薦めています。サッカーがだめなら自転車選手もあるからね、という私の希望はこっちにおいておいて、今はまず腰痛改善のために体幹を鍛えることを第一プライオリティとして乗り込ませています。どういうわけか(ゴン中山がそうしていたから?)晴れていても蛍光灯の下で、3本ローラーなのでたまには外走ろうぜ、と誘いました。
 
昨日午前はお互いに時間がとれたので、一緒に行くことにしました。まずはお互いにやることをやらねば。私は風呂掃除と郵便局へ、奴はマッサージ医院へ。それぞれ用事が済んだ10時調度、出発です。
 
行先は流山グラウンド、彼の中学時代に所属していたクラブチームのホームグラウンドです。三郷中央からTXに乗り、流山セントラルパークまで、そこから歩いてすぐのところです。電車代がかからないから自転車で行って欲しかったのですが、練習前に自転車乗ると疲れるからと中学生にあるまじき発言で毎回電車で通っていました。
 
まずは江戸川の土手に出ます。土手は南風ですので、軽くペダルを回してもすいすい進んでいきます。外も気持ちいいだろう?うん。
 
上葛飾橋のアンダーパスの下りでもがきを入れるよ。え、下りでもがくの?
 
対向車がいないことを確認できたらドカーンと一発。メーターはみるみる上がり、50㎞/hまで。ランでは負けても自転車ではまだまだ負ける気がしませんね。それでも何とかついて来ようともがいています。坂を上りきったところでまた流します。ずっと前を引いていたら、前を引きたいと言いうので先頭交代。でも追い風だからあんまり変わらないね。
 
ここから流山Gまで何分くらいかかると思う?30分くらいかな?
 
家を出てから30分なので、1時間かかることになっちゃうぜ。で、実際は15分程度だよ。15㎞程度しかないのです。電車乗る距離じゃないだろう。
 
流山橋から土手を下りて、ヨーカドー前を通過、流鉄流山駅の上に出て東に向かうと登り坂。登りきったところで前方を見ると、あ、セントラルパーク駅!
 
「こんなに近かったのか。でも自転車はサッカー前だと疲れちゃって駄目だな。」
 
そうかあ??45分の自転車で疲れちゃうくらいならサッカーなんてできないんじゃないの???
イメージ 1
 
「懐かしい気持ちがするなあ。なんでだろう。」
とグラウンドに入って土の感触を確かめていました。
イメージ 2
 
グラウンドの周囲にある周回コースを自転車で走り、彼から解説を受けました。
「ここの坂はよくダッシュしたね。3年生になってからはS君にも一回も負けなかったよ。ここは登りになっていて走らされた時には一番きついんだ。」
 
さて、ぐずぐずしていられません。帰路に着かねば。帰りは向かい風、先頭交代しながら帰りました。4:6程度で前を引き、もちろん私が4の方です。楽だね。この男と行くと。あっという間に水元公園到着。
イメージ 3
家に着いたら、彼の自転車の不具合を見てやるので、その間に昼飯作ってもらいました。半日だけでしたが、久しぶりに息子と出かけたサイクリング、結構楽しかったですね。
 
さて家庭学習、これからやるかな?