息子は今、入学する高校から出されている春休みの課題に取り組んでいます。が、どうもすっきり進まないのです。静かにやっているかと思えばいつの間にか布団の中で昼寝、明日から本気出すと言いながら次の日もまた同じ状態。勉強だけでなく、家事もだめ。洗濯物干しを頼んでおけば忘れ、風呂掃除は中途半端、米を炊くことさえ忘れてあわやご飯なし状態で夕食を迎えてしまうところ。すべて私が気が付き、どうにか間に合わせていました。
 
こんな愚図な息子ですが、どうにかこうにか課題には取り組みだしたので、昼ご飯後に一緒にジャムセッションをしました。
 
私はエレキギター、息子はリズムボックスをやりました。ボーカルは私だけ、歌わないんですよ、あの男は。
イメージ 1
 
楽曲は「小さな恋の歌」MONGOL800、「Don't say"Lazy"」桜高軽音部(HTT)
俺も若い曲できるんですよ。それ以外は数曲を除き70年代フォークが主たる持ち歌ですけど。
 
リズムボックスではありますが、息子はドラムをたたいているつもりでやっています。午後に親子のジャムセッション、それなりに楽しめました。
 
息子は小学生時代、音楽にまったく興味を示しませんでした。低学年には昆虫、高学年はサッカーにしか興味を持たず、マニアックな入れ込みようで、分野こそ違えどまあ私もそんな感じではありましたが、ちょっと行き過ぎだなあ、と感じていました。そこで6年生の秋、デジタルオーディオプレイヤーを買い与えたのです。
 
するとどうでしょう、いきなり音楽大好き人間になってしまい、ガンガン聴き始めたではありませんか。8Gのモデルだったのですが、あれから3年半で、ほぼいっぱいまで音楽が詰まっています。筋トレもローラー台も音楽を聴きながら、電車移動も聴いているようです。しかし、人前で歌うことは得意ではなく、合唱コンクールでさえ抜群に口が開いていません。
 
なんとか人前で歌えるようにしたいんですけどね。
 
さて、私のエレキギターについて書いてみます。フォークギターを弾き始めたのが高校生の時、これは以前書きましたね。大学に入ってから、今度はエレキギターを買いました。YAMAHAのSF500を、中古で、しかも楽器店ではなくリサイクルショップのジャンク品を買って、自分で直した物です。また調子が悪くなったので分解、調節しました。
イメージ 2
リアピックアップのトーンつまみがぐるぐる回ってしまうようになっていたので、取り出してみました。買った時に割れていたので、接着剤で補修したのですが、その部分がバカになってしまっていたので再度固定し直しました。これを戻せばばっちりです。
 
線も取れかかっていたものがあったので半田でしっかりと付け直しました。
イメージ 3
 
ピックアップも外して掃除しました。SF-500、53.11.22とあります。昭和で記されているでしょうから、1978年ということになります。私が小学5年生、山のMochiさんの著書でいうと山岳部顧問になって1年目ということになります。
イメージ 4
 
弦も交換するので、ついでにブリッジ回りもばらして磨きを入れました。
イメージ 5
 
トーンつまみは一つ紛失中。売っているので買おうと思ってはいるのですが、ショップに行くとつい忘れてしまいます。
 
エレキギターはちっともうまくならずにいるのですが、度胸だけはあるので大学の講堂でワンゲル部の新勧ステージで弾いて歌いました。会社の同僚の結婚式でも弾きましたね。ただ、歌詞が正直すぎてひどすぎて親族ににらまれましたが。そうなることは読んでいたので作詞は私がしましたが、ボーカルは後輩にやらせたので一安心!?
 
このほか、カセットテープのMTRもあります。なんでこんなに持っているのかと言えば、話せば長いわけがあるのですが、早い話が好きだった女性に自作の曲をプレゼントしたかったからです。で、どうなったかと言えばそれは今のかみさんではないわけで、その人がどうなったかと言えば、これがまだ会社にいるわけで、
 
はい、それ以上突っ込まないように!!!!特に九太郎さん、頼むよ!!!!!!
 
ギターアンプは今はヤマハのAR-1500という安い以外に褒めるところがない代物です。かつてはロッカーだった弟からマーシャルのアンプを借りっぱなしだったのですが、よりによって結婚披露宴で演奏することが決まっていた直前に「返して」と持って行ってしまったので、慌てて御茶ノ水に走ったのでした。
 
エフェクターはコーラスしか持っていません。ラジオのエレキギター講座で、成毛滋先生(ドクターシーゲルとか言っていたなあ)が
「真空管アンプを使えば自由に音を歪ませることができてエフェクターなんていらないよ。トランジスターアンプを楽器店が薦めるのはエフェクターを売りたいからでしょう。真空管アンプを買えば安上がり。」
と言っていたからです。で、弟から借りていたこともあり、いつかは自分用に真空管アンプを買おうと思っていたのですが、その値段見てびっくり!トランジスターアンプにエフェクター3個買って同じくらいじゃないの!成毛先生はブリヂストン一族だそうで、金持ちの言うことは庶民とは違いますね。
 
弦も張り直し終了。でも、いまいち音が良くないんですよね。何がいけないんだろう。単音は結構いい音するのですが、バッキングするとダメ、俺の演奏技術がだめだから、かなあ。そうだろうな。あるいはギブソンなら、いやいや、やめておきましょう。
イメージ 6
 

顔アイコン
メカが大好き、今度はエレキ直してますね。
ボクの時代はこれはまだ無く、弟世代になってパイオニアたちがバンド組んでやっているだけで不良扱い。
いまだに、偏見持って見下す(どころか校内禁止)石頭が教育界にはけっこういます。 削除
2013/3/30(土) 午前 10:33
返信する
TSUTAYA会員更新時のタダ券で「放課後ティータイムII」を借りてヘビロテしてる九太郎です。

休日の午後に子供とジャムるとは優雅ですね。私は70年代フォークはちと世代ではないのでわかりませんが(私が同じことをやるとしたら80年代アイドルでしょう。チェッカーズとかC-C-Bとか)、「Don'tSay"Lazy"」とは良い趣味です。うちにも「Listen」のバンド譜がありますよ。あの番組のEDテーマは3曲とも私の趣味にドンピシャだったりします。

同僚の結婚式ってもしかして(もしかしなくても)私も居ましたよね。メロディーとコードだけの譜面を渡されたからベースはテキトーにコードを追っかけてましたっけか。

はいはい、余計なツッコミはしませんよ。

うちのベースも90年製(バイク乗り風に「キューマル」と発音したい(笑)。)なので年数だけ見れば立派なクラシックですね。 削除
九太郎 ]
2013/3/30(土) 午後 0:33
返信する
顔アイコン
皆様、コメントありがとうございます。

かつてはビートルズを聴いていると不良呼ばわりされたそうですが、今では音楽の教科書に曲が載っていたりするそうで、時代の変化は感じますね。息子の音楽の授業では「いきものがかり」もやっていました。そんな現代でもエレキに偏見を持つ方がいらっしゃるとは、学校で飼育じゃもったいない、博物館にでも飾っておきたいですね。

エレキギターは単純な構造なので素人でも直せていいですね。娘用に最初に買った電子ピアノは音が出ない鍵盤があったので、接点だろうと目安をつけてばらして磨いてみましたが、出たりでなかったりでした。テスターでは導通は確認できるのですが。時によって出なくなる音階が違うので、ブラックボックスの中身の異常が疑われ、私ではお手上げ、電気を生業している知人に預けたら、やはりお手上げでした。

九太郎さん、はい、あの結婚式の、「草競馬替え歌」ことです。こちらもめちゃくちゃでしたが、式場もグラスひっくり返してギター濡らしてくれたり、新婦のおばあ様の謡いが出たりとものすごいことになっていましたね。あれで別れていないのだから問題なし!でしょう。 削除