今日は現役高校教諭のS先生とサイクリングに行きました。彼は高校の同級生です。
 
前日大切な会議が深夜まであったそうで、遅めに伺いましたが、それでもまだ前日の会議の名残か、ややアルコールのにおいがしました。
 
MTBとリカンベント両方持って行ったのですが、彼はロードで行くというので、こちらも700cを履いているリカンベントにしました。行先は多摩湖サイクリングロードです。人が多くて飛ばすことはできませんが、車からは隔離されているので安心して走れます。しかし、肝心の多摩湖周回は残雪が多くて断念しました。
 
富士山がきれいに見えました。写真にはうまく写りませんでしたが。
イメージ 1
 
彼の家へ戻り、教育、福祉、そして経済についての意見交換などをしました。
 
一番の用事は彼の息子さんの自転車のブレーキ整備です。機械式ディスクブレーキのBB5なのですが、効きが甘くなっているということなので、パッドの交換とディスクの脱脂をしました。ところが、それでも効きは回復しません。何が悪いんでしょう。いろいろ試してみて、結局ディスクにかなりの油分が付着していて、一回の脱脂では十分ではなかったと判断し、それをアルコールでとことん脱脂したら、ようやく回復しました。
イメージ 2
 
ついでに彼のロードを紹介。この車はmasamasa師匠の所でオーダーし、私が組み上げました。一番苦労したのはステッカー。鉄ヲタの彼の希望で中央線オレンジに塗り、そこへスペシャルラピッド(特別快速)のロゴを貼り、ヘッドマークは「特快」になりました。これはステッカー製作所に注文して作ってもらったものです。オレンジ色も塗装屋さんが実際に足を運んで実車から確認して調合したという力作です。
イメージ 3
 
ヘッドマークがこちら。よくやりますね。
イメージ 4
 
MTBは1993年式スタンプジャンパーFSRに乗っています。この自転車も私がレストアしました。すべてばらし、フレームは再塗装。リアのリンクもばらしてブッシュの打ち直し、グリスアップをしました。部品は最新の物に換装。一番苦労したのはシートポストがフレームから抜けなくなったこと。バーナーであぶり、ポストは冷やしたりしましたがそれでも抜けず、結局カナノコを入れて縦に割って抜きました。これだけで2日丸々かかりました。でも、その古い車でも再生してからガンガンのってもらっているので苦労した甲斐はあります。
 
お土産に青木屋の和菓子詰め合わせと自宅で栽培したゆずをたくさんいただきました。今日は久しぶりに会えた友人と長く語らい、楽しい時間を過ごすことができました。