2013年1月15日 北の風 風力1 快晴 気温4度
 
10:30、歩行開始。雪はかなり固く、歩くたびにギュッ、ギュッと音を立てて足の形にもぐる。アイゼンはもはや不要であった。天候は快晴、サングラスを通しても反射される光がまぶしかった。桜土手で担いでいたスキーを下し、履く。シールはすでにつけてある。
 
スキー歩行は快適に進んだ。シールはよく利いた。雪面は温度が低く、表面が凍っていたが板は滑るように前へと進んだ。
イメージ 1
 
夏道は喪失し、赤布も見えない。方角だけを頼りに道を切り開いていく。
イメージ 3
 
 
やがて山のふもとへと到達した。登りになっても、シールは前へと滑り、どんどん標高を稼いだ。最もきつい傾斜ではクライミングサポートを1段あげた。
イメージ 2
 
そして登頂。しかし絶景を楽しむ暇は少ない。日没までに下山しなければ、待っているのはビバークである。
イメージ 4
 
**********************************************
 
そんな感じで水元公園でスキーツアーを楽しんできました。カレンダー通りの休みが少なく、なかなか休日が世間の人と合わない勤務なのですが、本日はやっと合わせた公休日、楽しみにしていたS先生とのMTBライドの予定でした。ところが前日の大雪の為にできなくなり、世界一不幸な男だと自分を思っていたのです。しかし、塞翁が馬とはこのこと、雪が積もればそれなりの楽しみ方をすればいいのです。
 
驚いたことはあちらこちらの大木の枝が折れていたこと。雪の重みのすごさをを恐怖を持って感じました。
イメージ 5
 
野鳥観察舎からは、凍りついた湖面の上に立つアオサギの姿が見られました。寒くても鳥は元気です。
イメージ 6
 
中央広場の山の頂上でシールをはがして滑降してみましたが、雪が圧雪でないので漕がないと滑りませんでした。残念。やはり雪国の雪は違いますね。
 
冬のソナタのような景色です。そっくりさんでも、チェジウがいればね。ん、ヨン様?ああ、撮影に回ってしまっています。何か台があればセルフシャッターで撮るんですが。
イメージ 7
 
3時間ほどスキー散歩を楽しみました。スキーに行くことはハードル高くないですよぉ。それに山スキーも、行先次第で難易度は変わってくるので、それほど尻込みする必要はなし。だって、ここならみんなOKでしょう?ビバークだってここでしている方もいらしたし。
 
新雪にシュプール描けます。
イメージ 8
この気持ち良さ、わかる人だけわかってください。
 

これ、東京の公園なんですか?首都圏はめちゃめちゃ雪が積もったんですねぇ。私の自転車記事にグローブの評価を毎日記入(同じブログ内に追記)していますので、ご参考になるかわかりませんが、読んでみてください。 削除
たかさん
2013/1/16(水) 午後 5:32
返信する
顔アイコン
たかさんさん、コメントありがとうございます。グローブの記事も拝見いたします。

首都圏は大雪で交通網が大打撃を受けました。でも、その代わりの楽しみもありました。 削除
2013/1/16(水) 午後 10:15
返信する
顔アイコン
懐かしい水元公園の雪景色と雪遊び、歩くスキーとは喜ばしいことです。
当方、昔は、途中の年から一通になった桜並木の土手を20年間ほどバイク通勤していました。お花見(サクラもショウブも)にも野鳥観察にもよく行きました。おおらかな造りの開放感ある公園は貴重ですね。 削除
2013/1/17(木) 午前 11:20
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。水元公園は放射線量が高いことで知られていますが、それなりの除染を施されたそうなので(手抜きの可能性もなくはないのですが)お孫さんを連れてお越しください。その際には我が家にもお立ち寄りいただければ幸いです。 削除
2013/1/17(木) 午後 9:42
返信する