今日は妻と二人で、K氏に連れて行っていただいたコースの一部を走ってきました。紅葉は前回はかなりきれいでしたが、今日はもう無理かな、と思いながらも、それを言ってしまうと妻は来てくれなくなりそうなので黙っていました。
 
2012年12月13日
 
金町駅から輪行。0800に乗って、新松戸乗換で武蔵野線へ。これが予想以上に込んできてちょっとまいりました。そして新習志野乗り換え、蘇我乗り換え、ようやく五井で小湊鉄道へ乗ることができました。武蔵野線が蘇我まで直通で行ってくれればどんなに便利か。息子とその友人を連れてフクダ電子アリーナへ行ったときにも思いました。
 
愚痴はともかく、小湊鉄道を楽しみましょう。
イメージ 1
 
車内には小湊鉄道の写真が額に入れられて飾られていました。本当は久留里線に乗ってみたかったのですが、あちらでは昼過ぎにならないと到着しないので必然的にこちらへ。小湊鉄道もなかなか味わい深くて良いものです。田畑の広がる田園風景や、竹藪、山林を車窓に写しながらディーゼルサウンドと共に走る気持ちよさは、「鉄分」の少ない私でもわくわくするものがあります。
 
そして月崎へ到着。小湊鉄道の駅はイルミネーションで飾られていますが、この駅もかなり派手にデコレーションされています。日が暮れてから来るとまた楽しみがあるのでしょう。トイレは車いすでも、乳児のおむつ交換でも使えるきれいな多目的トイレがありました。
 
すぐに自転車を組み立てて、出発です。2台の組み立てをしても10分程度、10時30分には走りだせました。
 
寒いので筋肉が暖まるまでは無理せずゆっくり行きたいのですが、すぐ下りになって寒い冷たい鼻水が出ると、いきなり辛い状況になりました。そして県道32号から大福山方面への林道へ入ります。この道はほとんど車は走ってこないと思っていたら、意外にも対向車が数台ありました。どこから来るのか、と思えば、意外な山奥に集落があります。買い物行くにも仕事行くにも、車が必要だから結構通行量があるのかもしれません。
 
道は登り基調ですが、ずっと登りっぱなしではなく、適度に下りや傾斜の緩い部分もあるのでゆっくり走れば妻でもなんとか付いてこれます。ところどころ開けているところから遠くが見渡せ、自然の美しい風景が楽しめます。
 
紅葉もなんとか間に合いました。けっこうきれいです。
イメージ 4
 
案外早く大福山分岐へ到着。一本取ります。
イメージ 5
 
ここからは亀山湖まで豪快なダウンヒルですが、一部路面凍結しているのでとにかく慎重に下りました。黒潮の影響で温暖な気候、というのはここまで来ると通用しないようです。
 
亀山湖の公園で昼食にしました。ザックを下した途端、対岸から破裂したような音が響きました。なんと崖が崩落したのです。湖面には立ち入り禁止のブイとロ-プが張られています。
 
湯を沸かして作るのは雑炊と豚汁です。豚汁の具はレトルトの高級品なので結構おいしく食べられました。さんまのかば焼き、大根おろし入りも缶ごと火にかけ、熱々で食べました。食後にゆっくりコーヒーを飲んで、出発です。
イメージ 6
 
午後はまずR465で東に向かいます。この道は広くて走りやすく、傾斜も緩いので自転車にはもってこいです。しかし、途中からえらく道が細くなります。そしてトンネルです。国道なのに照明がありません。自転車のライトを頼りに走るので、前日に妻の自転車には何を付けるか考えました。6Vハロゲンにしようかとも思いましたが、いくら暗くても昼間走るにはあまりにも役不足、そして重くなればその分筋肉への負荷にもなります。そこで例の1W LED懐中電灯を付けてきました。しかし、暗くて怖いという声が。やはりハロゲンにすればよかったかな?
 
黄和田車庫の先で左折すると、なにやら斜面に群れで動く物が見えます。自転車を止め、見上げると、なんと猿がこっちを見ているではありませんか。しかもかなりの数です。大きいのから、子ザルまでいて、一大勢力になっているようです。かわいいな、と写真を撮りました。が、妻は農作物への被害を憂いていました。確かにこんな人里まで下りてくるとは。かわいいでは済まされない問題をはらんでいそうです。
イメージ 7
 
御筒神社手前から再び林道へ突入。この道にも照明なしトンネルがあります。
イメージ 2
 
御嶽山に向けて登ります。さすがにここの登りでは妻の息が上がってきますが、それほど長くはないので「もういや」が出る前に登り切り、あとはアップダウンの繰り返しで、所々紅葉のきれいな道を進みます。
イメージ 8
 
そしてダウンヒル。左右にバンクさせ、豪快に下ります。でも、寒い!
イメージ 9
内浦山県民の森を通過し、海に向かって走ります。痛快なワインディングを下り、最後のカーブを抜けると海が広がっていました。
イメージ 10
 
予定より早く到着したので、駅近くの磯料理屋で食事を楽しみました。寒い中下ってきたせいもあり、揚げたての天ぷらがとにかく美味しかったです。刺身も新鮮でうまかったなあ。
イメージ 3
 
外房線で人身事故、警察の現場検証で2時間「も」止められたとJRの恨みの篭ったアナウンスがあり、駅で待っていた男性は2時間待ったというのですが、わかしお20号は乗るはずだった22号のスジで走ってくれたので予定通り金町まで帰れました。