緑のヘルシーロードセンチュリーラン 上から続く
 
時刻はちょうど14時。あとは追い風を受けて、走りなれた道を行くだけです。まずは利根川サイクリング
ロードを走ります。追い風を受けて、30㎞/hを軽く超える程度で流せます。さっきとは大違い、今度は
メーターが暴走しているのか?というくらいどんどん距離がかさんでいきます。道の駅羽生前に来ました。
信号待ちしていると、案内版が目に留まりました。信号が変わるのを待って、見に行くと、
「むじなモンと走ろう」
というキャッチコピーがありました。ゆるきゃらは全国至る所で大発生は知っていましたが、羽生なんて
観光地でもないのに、なぜ必要なのでしょう。しかもむじなモンて、いったいなんでしょう。ホリエモンに
ヒューザーのオジャマモン、モンが付くのはドラえもん以外悪人が多いのは気のせいでしょうか。
 
利根川サイクリングロードも途中で未舗装になったり、消えたりしますが、一般道路を走ればいいので
無問題。これも最初はずいぶん試行錯誤しましたが、結局適当に走っても方向さえ間違えなければ
なんとかなるので地図もなしで毎回違う道を通っています。今日はほとんど一般道で行きました。
 
東武線踏切で、えらく待たされたので暇つぶしに一枚。この程度だとS先生に怒られそうだけど。
イメージ 4
 
そうこうするうち、国道4号利根川橋まで来ました。ここで道を渡ろうとしたら、またまた不可解なことにガードレールに切れ目がなくて強引に茨城県に渡らせられてしまいました。ま、いいか。いつもそっち側通っているから。先月はリカンベントで来たばかりだし。ところが、橋を渡った後、まだ道を渡れないのです。いったいどうなんているの?車道に出ると、左を走るために土手から遠い方に出なくてはなりません。つまり信号を3回待たなくては行けないのです。
 
はいはい、そうやって通ればいいんでしょう。本当に自転車は割を食ってしまいます。でも、歩行者はどうすればいいんだろう。歩道ないよ。
 
新幹線をくぐり、新4号バイパス新利根橋まで来たらまた埼玉県側に戻ります。橋の上で横一列になって走る高校生がいました。右行きます、と声をかけたら、一人がよろけてしまいました。自転車乗車中にスマートフォンをいじっていたのです。
 
15時30分、関宿のお城の横を通過。予定通りです。17時帰宅は出来そうです。追い風を受けて、くるくる回しては一休み、またくるくる回しては一休み、とエネルギーを節約しながら走りました。昼食はご飯をたっぷり入れたので、摂取熱量は相当なはずですが、あれから休憩なく走り続けているし、これから先も家まではカロリー補給する暇はないので切れないように計算しながら走りました。
 
途中、土手の工事で迂回がありました。最近よく工事をしています。ゲリラ豪雨に耐えられるようにだとかなんとか言い訳がありますが、今まで危ないと思ったことに一回もなっていないのに、本当に必要なのでしょうか。スーパー堤防は挫折したと思ったら、別な形で復活しているようです。まさに白アリです。
 
だんだん日が傾き、寒くなってきました。富士山のすぐ横に太陽が沈んでいきます。そして360度、全方位に紫色のグラデーションがきれいに入ってきました。そして月の出です。ただ一人、その中を楽ちんにペダルを漕ぎながら走っていきます。もうすぐ暗くなってしまうのですが、もしこのままの状態が続くなら、ずっとこうしてペダルを漕いでいたいと思いました。距離はもう140㎞になろうとしています。
 
西側景色
イメージ 1
 
同時刻東側
イメージ 2
 
日が沈んでもしばらくは明るいのですが、さすがにライトは点灯しました。CATEYEのEL120をポジションランプに、メインはホームセンターで買った1wLED懐中電灯をホルダーで付けています。これが明るくて配光もよく、最高。充電電池がつかえてランニングコストも安く、しかも本体価格も自転車用の半額以下です。
 
スカイツリーも大きく見えてきました。
イメージ 3
 
17時調度、人の顔がかろうじてわかる程度の明るさになってきたころ、水元公園到着。安全の為、ゆっくりと流して帰宅しました。計画通りに走り終えた満足感でいっぱいです。(秩父行は忘れました。)
 
本日のデータ SHIMANO FLIGHT DECKによる
 
距離 158.32Km
最高速度 42.3㎞/h
平均速度 22.5㎞/h
走行時間(停車中は計測せず) 7時間00分12秒


顔アイコン
ホン~トに日が沈むのがはやくなったよなぁ。
美しい夕暮れ写真ですね~、お家が恋しくなるね。
利根川は「坂東太郎」って言うくらいだから東日本一の暴れ川だった
歴史が長~くあるから、ヒトが多く住むようになってからは余計に神経使っているんだろうかな?運河も多いしね~( ´∀`)! 削除
2012/11/28(水) 午後 6:16
返信する
顔アイコン
くまそんさん、コメントありがとうございます。本当に綺麗な夕焼けでした。寒いし疲れているし、本当に早く帰りたいという気持ちと、ずっと見ていたい気持ちとで複雑でした。だから、また走りたくなるのかもしれません。 削除
2012/11/28(水) 午後 8:07
返信する
顔アイコン
これ、走ったその日に書いているのかな? (月)が冷たい雨で、昨日出かけた? それにしても走るのもblogを書くのも早い。現像も早い、といきたいところだが、これはデジカメですよね。
たとえエンジンが着いた方のバイクでもこれだけ走ればずいぶん走った気分になれる距離です。写真もマメでボクは十分楽しんでいます。
オランダみたいなバイク(エンジンなしの)王国が遠からずやってきそうな予感、、、①若い人もあとに続こう! ②バイクが安心して走れる道を行政は作ろう。 削除
2012/11/28(水) 午後 9:58
返信する
顔アイコン
山のMochiさん、コメントありがとうございます。ブログは走った当日に書きました。写真はもちろんデジカメです。三脚なしで、手振れがひどいのですが、これ以上サドルの上ではどうしようもありません。

自転車に優しい道は、環境にも障害者、高齢者、年少者にも優しい道なのですが、行政の人は自転車乗らないみたいで大変に残念です。それでも、江戸川は新しく作ったところは「わかってきたな。」と感じるところが増えてきています。荒川はますますひどくなる一方ですが。

谷垣氏は自転車乗りなのですが、そもそもの立ち位置が「あっち側」
ですから、全くダメでしたね。 削除
2012/11/28(水) 午後 10:47
返信する